スティーブ・ジョブズの名言|よく見ると、一夜にして起こった成功の多くには長い時間が費やされているものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

よく見ると、一夜にして起こった成功の多くには長い時間が費やされているものだ。


スティーブ・ジョブズ の経歴

スティーブ・ジョブズ。米国の経営者。アップルの創業者の一人。カリフォルニア州出身。高校時代にヒューレット・パッカードでインターンシップとして働く。そのときに、のちのアップル共同創業者のスティーブ・ウォズニアックと出会う。リード大学に約1年半在籍したのち中退。ゲーム会社「アタリ」のエンジニアを経てアップルコンピューターを設立。同社を成長させたが、自由奔放な言動により役員から解任される。退社後、パソコンメーカー「NeXT」を設立。その後、業績不振に陥っていたアップルに呼び戻され、iMac、iPod、iPad、iPhoneなど革新的な製品を開発し同社を再興した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

変わらないのは、日本のよさでもある。日本は何でも長持ちさせることが得意。しかもずっと同じことを続けるわけではなく、大枠を変えずに細かいところを変えて環境の変化に適応していきます。

目標を立てる際に欠かせないのが、「いつまでに」という期限です。その期限が数値化されていないと、モチベーションは高まりません。

当社はお店を標準化しているので、それによって無駄を減らせたり、非効率さを減らせます。従業員の給料をカットするのではなく、仕事をシンプルにして、1店舗あたりの労働時間数を減らすなど、経費削減はまだまだ可能です。

いつの世も反道徳的リーダーは「でも、それ以上、やりようがなかった」「悪意はなかったが、ほかの人もやっていたから」などと言い訳をします。ですから、若い皆さんには「NOと言える賢さ」を身につけてもらいたい。金融・経済をもっと勉強しなければならないのです。

今はレッドオーシャンに見えても、日本企業の隠れた組織能力やテクノロジー人材を別の角度で活用すれば、実はブルーオーシャンになる分野も多い。

燃料はコモディティーのビジネスですから、高い利益率の実現は難しい。いち早く規模を拡大し、既存の商品と比較される対象となり、赤字にならないようにコストを下げなければなりません。ベンチャー1社では迅速に規模を拡大できないため、大企業のパートナーと一緒に取り組みます。ユーグレナが技術開発や全体の取りまとめを担い、伊藤忠エネクスに原料の調達、千代田化工建設に実証プラントの建設、全日本空輸に航空燃料の運用を担当してもらいます。

ピンチはチャンス、チャンスはピンチであるのもビジネスの常。上昇期だからこそ学べることもあれば、下降期だからこそ学べることもあります。

ページの先頭へ