盛田昭夫の名言|好奇心のない人間に用はない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

好奇心のない人間に用はない。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

食品の場合、売り上げは人口と相関関係にありますが、今後さらに顧客の評価を得られるような活動を行えば、国内での成長は十分望める。

私は、経営は人だと思っています。そして大事なのが順法精神です。企業は道徳、倫理がなければ生き延びられません。従業員8000人の中で1人でも悪いことをしたら、大変なことになるんです。ですから、毎日が教育です。社員教育を徹底的に行っています。我々に一番大事なのはモラルなんです。

相手の前を忘れてしまった場合、相手から聞き出す技術もあります。「お名前をもう一度」と言い、相手が苗字を告げたら「それは知っているんですが、下のお名前は何でしたっけ?」と再度聞いてフルネームを覚える、というのが基本です。

付加価値に対してお客様は対価を払ってくださるわけで、我々は付加価値の高い仕事していくべきなのです。

いつものように工場の仕込みを済ませ、明日の宣伝販売の段取りを終えると私は戸外に出た。家の前のたかきや橋に立って沈思黙考するのがそのころの私の習慣だった。その夜は、人の苦悩も知らぬ綺麗な月が輝いていた。橋の上から川面に映る月影を見ていると、さすがの私もふと「いっそ、このまま川の中に飛び込んでしまったら……」という気持ちに誘われ、ハッと我に返った。「そうだ!死んだ気になってもう一度頑張ってみよう。まだまだ努力が足りないのではないか」。
【覚書き|グリコ発売後数年間鳴かず飛ばずだった時代を振り返っての発言】

最大の不幸とは物事を悪く考えることではないか。人が想像する不幸は、決してあるがままの不幸ではないということを知るだけでも、すでにかなりの成功である。

観客が求めているのは、難しい技術の話ではない。商品やサービスを使ったら自分にどんないいことが起きるかという情報と、なぜその商品やサービスを作ろうと思ったかという作り手の情熱。

ページの先頭へ