盛田昭夫の名言|製造業やハイテク企業の経営者の条件

このエントリーをはてなブックマークに追加

製造業やハイテク企業を、ビジネスだけでなくテクノロジーも熟知した人材が率いていかなくてはならない。


盛田昭夫 の経歴

盛田昭夫、もりた・あきお。日本の経営者。「ソニー」創業者の一人。愛知県出身。大阪帝国大学理学部物理学科卒業。太平洋戦争中、海軍技術中尉時代に戦時科学技術研究会で井深大と知り合う。井深大とともにソニーの前身である東京通信工業(東通工)を立ち上げた。以後、経営と営業でソニーの発展を支えた人物。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

テレビ界に入ってくる新人によくいうのは、「人の企画をパクるな」ということ。パクリって、癖になると本当にまずいんです。脳というのは使わないと、どんどん退化していきますから。

全国の花の生産者を回るうちに、見えてきたことは、みなさん流通で困られているということ。当時は、卸売市場法により花の販売は必ず市場を通すのがルールでしたが、市場に出すには寸法や花の開き具合など細かい条件があり、規格に沿わないために出荷できない花が大量に出てしまう。また当然ですが、市場を通すと時間がかかる分、花の鮮度は下がるし、間に物流会社が入れば価格は上がる。生産者から直接お客さんに届ける産地直送が、鮮度・価格の両面で大事だと分かりました。

効率を少々犠牲にしても、面白い人材を育成しようともっと努力すべきです。社員に個性がないことを嘆く前に、まずは会社がリスクを取って、社員を信じて、任せる。それをして初めて、社員はその信頼に応えようと成長するのです。

事業計画を丁寧に立てるとともに、進捗をしっかりフォローして臨機応変に動く、そんな当たり前のプロセスを実践できる仕組みをつくります。

少なくとも、メディアで少々叩かれたくらいで引っ込むようでは、先の道筋はつけられません。

西洋のモノマネでは勝てません。よって立つものは何かと考えると、日本人を前面に打ち出すことが一番です。だから私は日本というものを発信し続けている。

不節制は快楽に毒である。節制は快楽の禍いではなくて、その薬である。

ページの先頭へ