ピーター・ドラッカーの名言|リスクが富を生む。

このエントリーをはてなブックマークに追加

リスクが富を生む。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

何も言ってこない上司の場合は、当人の机の上に週報を置くようにしました。私がいま何をやっていて、それがどう進展しているかを伝え、上司に頼みたい事項をそこに添えておくのです。上司が指示を出してこないのであれば、こちらがイニシアチブをとって上司を誘導してしまえばいいのです。

学校改革に着手したとき、一度に変えようとしても何から手をつけていいかわかりませんでした。そこで、改革のスピードを優先させるため、まずは目の前の「見える小さなこと」から始めました。小さなことは成功しやすく、結果が目に見えます。そうすれば、「もしかしたら上手くいくかも」という前向きな気持ちが生まれてきます。そこで休まずに、続けざまに小さな成功を続けていくことで、正のスパイラルを生み出すことができました。

当社のけん玉の素材にする木は2~8年乾燥させ美しい木目を作り出し、パールやシルバーラメなどを何層も重ね塗りし深みを出す。どんなプロの技も正確に再現できるよう、設計・加工は0.2mm以下の高精度。ここまで心血を注ぐけん玉は世界にもない。

大事なのは、なぜその商品でなければいけないのかという必然性。

書きたいことは私の本能が目指していることで、この職につきたいと思った根源的な部分。

私のモチベーションの源は、いまでも少しずつ、自分が上手くなっているなと感じられることです。

患者さんが亡くなった場合、精神的に立ち直るのは難しいことです。しかし、亡くなった理由を客観的に分析し、整理してみると、冷静になることができます。自分のやり損ないが原因なのか、手術はよかったのに心臓が予定通りの回復をしなかったのか、手術は完璧だったのに合併症で亡くなったのか。こうした分析を加えることで、失敗か成功かという二分法から逃れることができます。

ページの先頭へ