ピーター・ドラッカーの名言|我々は今いる人間をもって組織をマネジメントしなければならない。

我々は今いる人間をもって組織をマネジメントしなければならない。

ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

M&Aは地方創生に繋がると思います。たとえば新潟の燕三条や岐阜の関など、素晴らしい技術が集積している地方はたくさんあります。それが地方経済が疲弊してガタガタになっている。それらを全国区で展開する会社とマッチングすることで、非常に面白いビジネスが組み立てられると思うのです。

三宅卓の名言|M&Aは地方創生に繋がる


世の中には、兵法の道を習っても、実際のときの役には立たないだろうという考えもあろう。そのことについては、いつでも役に立つように稽古し、いかなる事態にも役に立つように教えること、これが兵法の実の道なのである。

宮本武蔵の名言|実際に役に立つ教えを


実現のあてはなくても、その意志はハッキリと伝えるべき。編成部の方々にどんなにうんざりした顔をされても「(ラジオで帯番組を)やりたい、やりたい」と、しつこく言い続けました。

小島慶子の名言|実現のあてはなくても、その意志はハッキリと伝えるべき


イー・モバイルは、新しい領域を開拓して、ぐんぐん業績を伸ばしていきました。だが、会社の行く末を考えた時、5年先、10年先にどうなっているのだろうか。当面はこのまま成長を続けるだろうが、従業員は、株主の皆さんは、そしてお客様、ベンダーと言われる納入業者さんにとって、さらに市場にとっても、一番いい選択肢は何かと考えました。考えに考え抜いた結果、人間として何が正しいのかという問いの答えが、会社をソフトバンクに売却し、より大きなステージで活動するほうが、皆がハッピーになるという結論に達しました。経営が変わったことで退社する者もいたし、別のベンチャーに移る者もいました。でも大半は残って今も働いており、今でも多くの人が私の元を訪ねてくれます。彼らは一様にハッピーだったと言っているので、そのことからすると、あのM&Aは成功だったと思っています。

千本倖生の名言|5年先、10年先にどうなっているのか考える


単に輸送力増強だけでなく、お客様のご要望に応えることが、この沿線を選んでいただく要素の一つ。

若林久の名言|お客様のご要望に応えることが、選んでいただく要素の一つ


私は普段から名刺を持ち歩かないので、基本的に名刺交換をしません。連絡を取り合う気のない人と名刺を交換したところで意味がないからです。ごくまれに、この人とは連絡を取りたいと思う人がいた場合は後日、「先日は名刺をお渡しできず、大変失礼しました……」と手紙を書くことで一気に距離を縮めます。誰彼となく連絡先を交換するよりも、連絡したい人にだけ連絡する。名刺を持ち歩かないことが連絡する理由にもなるわけですから、なかなか良い方法です(笑)。

堀之内九一郎の名言|名刺を持ち歩かないで人脈を得る


私の知る限り、成功している起業家は、「商売はクリエイティブなもの」だと考える点も共通しています。価値のあるアイデア・仕組みを世の中に提供しているのだから、それに見合った報酬を得られるのは当然だと、お金儲けをポジティブにとらえています。

荒濱一の名言|商売はクリエイティブなもの


「失敗はどんどんすべし」と伝えています。課長が失敗して潰れた会社なんてありませんよ。それよりも、彼らが失敗から学んで成長し、自分の頭で考えられるようになることが重要。

松本晃の名言|失敗はどんどんすべし


過去からのトレンドをとらえる時、重要になってくるのが「歴史観」です。世の中で今何が求められているかを問うためにも、歴史観を持つことはビジネスリーダーにとって必須だといえるでしょう。日本のみならず世界の歴史に触れ、歴史を遡りながら世界的な潮流を理解する。そうすることで、表層の短期的な変化を超えた、より根本的なマクロのトレンドを掴み、今、そしてこれから何をすべきかを考えることができるようになる。

井上陽介の名言|歴史観を持つことはビジネスリーダーにとって必須


私のキーワードは「新規路線」です。ANAもJALも同じところに飛んでは意味がないですから。先日も、成田~ブリュッセル路線を新規開設すると発表したばかりです。

片野坂真哉の名言|同じところに飛んでは意味がない


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ