ピーター・ドラッカーの名言|我々は今いる人間をもって組織をマネジメントしなければならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

我々は今いる人間をもって組織をマネジメントしなければならない。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

職場での仕事なんて、はっきり言ってつまらないものが多い。そのつまらない仕事をどうやりこなすか、そのつまらない仕事を通じて自分をどう鍛えてゆくか、自分なりに考え、自分なりの手作りの生きがいを持つことが大事だと思う。

いまでは人気のマンション事業ですが、スタート時は販売に苦労し、いったいどうなるのかと頭を抱えました。しかし、質の良いものを作り続け、それが認められるとJRブランドの効果は大きい。鉄道事業を続けている以上、我々は夜逃げできない立場ですから、お客様にとっては生涯永久保証付きです(笑)。

当社の社員の多くは「成果」を求めるプロフェッショナルです。彼らの働く時間は基本的に、自主裁量。要するに何時から何時まででも勝手に働いてくださいということ。仕組み上は裁量労働制かつ年俸制で、月50時間分の残業に相当する手当を払います。労働時間は社員の健康のために把握しますが、人事考課には使いません。自主裁量で働ける環境は、プロの世界では必須です。能力を伸ばしたければ、同じ仕事でも試行錯誤するでしょ。そこは自由にやらせてあげたい。世界と戦うにはそういう人材でないと。

昔のように、社会全体が右肩上がりの時代と違い、いまは個々のビジネスパーソンが目標設定をしにくい時代ですが、いまの自分の足もとをきちんと見つめれば、必ず成果への登坂ルートは見つかるはずです。

噂が社内に広まっていることをつかんだ段階で、会社サイドはその真偽の調査に必ず入ります。もし、事前に自分に関する放置できない噂が流れていることに気がついたら、信頼できる上司などにすぐ相談することが大切です。でないと、一方的な人事評価ダウンや左遷・降格などの冤罪を被ることもあります。

初めて中央から田舎に帰るということは大きな重荷、すなわち田舎化と戦うという極めて厄介な重荷を背負うことだということがわかった。まず私はこの戦いに勝たなければならない。どうして勝つか、いろいろと考えてみた結果、そうだ、常に日本の一番新しい傾向から目を離さぬように努力しよう、そうすればいま自分のいる位置がすぐわかる。そしてこれではならぬと立ち上がることができるだろうと考えた。私が幸いに今日まであまり田舎者にならずに来られたのは、まったくこのためだろう。

短い雑談で人柄が出せると成功です。そこで壁が崩れると、その後のビジネスの話もスムーズに進みます。

ページの先頭へ