ピーター・ドラッカーの名言|「私は」ではなく「我々は」を考えることが大切。

このエントリーをはてなブックマークに追加

「私は」ではなく「我々は」を考えることが大切。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

パイロットは自然を相手にする仕事で、中でも最もフライトに影響するのが風です。そして、風と闘うパイロットは、良いフライトはできない。風に抵抗せず、その中で漂いながら、上手に軌道修正していけるのが優秀なパイロットです。こうした素直さこそ、変化の激しいビジネスの世界を生き抜くためにも必要なことだと、今は確信しています。

赤ん坊のときは誰でも、よちよち歩きから始めて何度も転びながら歩き方を学ぶ。その素晴らしいところは、何度転んでも笑って立ち上がることだ。あなたが、今の自分の経済状態を立て直したい、経済的自由を手に入れたいと真剣に願うなら、自分が犯した間違いから学ぶことだ。

経営は、絶えず3年後、5年後、10年後という先を見据えて、今何をやるかが大事。

日本人も日本も欠点だらけらしいが、人間も国家も完全ではあり得ない。米国もまたその例外ではなかろう。

世の中が常に変化するのと同様、ビジネスも常に変化し続けているのです。その変化に合わせて、あるいは先取りして変わり続けなければ会社は終わり。人間も同じ。

お客様の求めるものとズレたアピールの仕方をしても、まったくのムダ。したがって、「この商品のよさをわかってください」ではなく、まずは、お客様のニーズを引き出すことに力を注ぐべきです。

夢のベースになるのは健康。

ページの先頭へ