ピーター・ドラッカーの名言|まず何よりも、変化を脅威ではなく機会としてとらえなければならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まず何よりも、変化を脅威ではなく機会としてとらえなければならない。


ピーター・ドラッカー の経歴

ピーター・ドラッカー。米国の経営学者。マネジメント研究の第一人者。日本では死後もなお、経営者に高い人気を誇っている。オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系で、ナチスからの迫害を恐れイギリスを経てアメリカへ移住。イギリス時代にケインズの講義を直接受けている。父はウィーン大学教授のアドルフ・ドラッカー

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

月給なんかいらん。そんな考えでつくったのではないから、月給も名誉も全然問題にしていない。
【覚書き|太平洋戦争中、株価を安定させるために日本証券投資株式会社を発足させたとき、大蔵省から「自分が儲けるためにやってはいけない」と言われたことに対する返答】

もし、ある法則に従ってものづくりをすれば必ずヒットするのであれば、世の中にはもっとヒット商品があふれていそうなものだが、そうでないのは、物事がそれほど単純ではないということを示している。

研究所の所長や研究開発現場のリーダーたちが高い開発目標を掲げ、それに見合った計画を立てているかどうかを厳しく審査し、その結果を予算配分に反映させることが重要です。十分な予算を獲得できなければ、満足に研究開発を進めることはできません。そのため、メンバーも高い目標を設定するようになります。

面談や会議などの場で相手の理解や協力を得るには、相手の考えも理解する姿勢が大切。相手の考えの背景にある立場や価値観まで理解し、相手を認めるということ。

嫌われることを恐れていたら、改革はできない。

組織はリーダーばかりでは成立しません。僕はリーダーシップとフォロワーシップの2つを持たないと真のリーダ-シップは発揮できないんじゃないかと思います。

仕事では、どんなに仲がいい同僚でも、きちんと線引きをして、緊張感を保った方がいい。そうすれば、相手との関係が馴れ合いにならず、いい意味でお互い刺激し合えるから、仕事の内容も良くなると思う。

ページの先頭へ