ウォーレン・バフェットの名言|今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうがどうでもいい

今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいい。その会社が10年、50年経っても欲しいと皆が思うものを作っているかどうかが重要だ。

ウォーレン・バフェット の経歴

ウォーレン・バフェット。1930年、ネブラスカ州オマハ生まれ。アメリカの著名な株式投資家、経営者、慈善家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの最高経営責任者。「オマハの賢人」とも敬愛を込めて呼ばれる。 11歳で初めての株式を購入する。ネブラスカ大学を経て、コロンビア大学ビジネススクールで経済学修士を取得。綿密な企業分析・社会分析をもとにした長期の株式 投資によって財を成す。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

会社というものは常に順風満帆とはいかず、浮き沈みがあるものです。大きな壁にあたったり、深い谷間に落ち込むこともあります。そこからブレイクスルーによって立ち直っていくプロセスを支援することにチャレンジしたいと思いました。
【覚書き|リヴァンプ創業に至った経緯について語った言葉】

玉塚元一の名言|会社は浮き沈みするもの


成長が一段落ついて、その中で付加価値を生み出して行こうというのが成熟の時代。付加価値とは何かといえば、文化的価値ということ。

五木寛之の名言|成長が一段落ついて、その中で付加価値を生み出して行こうというのが成熟の時代


人生でも企業経営でも「蓄積」と「発散」が大切。じっくりと情報やノウハウを蓄えていく時期と、自分が置かれた状況やマーケットの変化などに応じて、蓄積したものを発散しながら成果を上げていく時期に分かれる。

内田幸雄の名言|人生でも企業経営でも「蓄積」と「発散」が大切


どんなに情熱を持って取り組んでも、負けでは意味がありません。市場経済のコンセプトは、競争の中で成長を実現していくことにあります。自分たちが競争している相手とのベンチマーキングが常に大事になります。

西田厚聰の名言|どんなに情熱をかけても、負けては意味がない


商品をきちっと出荷して顧客に喜んでもらうという事業は、起業家が自分一人でできるものではない。周りの協力あってはじめて実現できる良い仕事である。事業を支える社会関係、契約関係は、商品サービスを顧客に提供する重要な成長基盤である。

村口和孝の名言|事業を支える社会関係、契約関係は、商品サービスを顧客に提供する重要な成長基盤


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ