ウォーレン・バフェットの名言|今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうがどうでもいい

今日や明日、来月に株価が上がろうが下がろうが、私にはどうでもいい。その会社が10年、50年経っても欲しいと皆が思うものを作っているかどうかが重要だ。

ウォーレン・バフェット の経歴

ウォーレン・バフェット。1930年、ネブラスカ州オマハ生まれ。アメリカの著名な株式投資家、経営者、慈善家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの最高経営責任者。「オマハの賢人」とも敬愛を込めて呼ばれる。 11歳で初めての株式を購入する。ネブラスカ大学を経て、コロンビア大学ビジネススクールで経済学修士を取得。綿密な企業分析・社会分析をもとにした長期の株式 投資によって財を成す。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生でやりたいことができなかったと後悔する人生にならないよう、本当にやりたいこと、社会に貢献できることを戦略的に考え実行していく必要がある。

齋藤利勝の名言|本当にやりたいこと、社会に貢献できることを戦略的に考え実行していく必要がある


私が社長職に就く前は、「社長は一人しかいないんだから、周囲がいろいろな選択肢を提示してあげた方がいいんだろう」と思っていました。右と左という選択肢を周囲があえて示すことで、社長の頭の中も広がるんじゃないかと。

上條努の名言|部下の役割


長寿化により公的年金の支給年齢が引き上げられ、ほとんどの人が70歳、75歳まで働く時代になる。では、今の仕事を本当に70歳まで続けられるか、心許ない人も多いはず。45歳を目処にセカンドキャリアについて考えるべきでしょう。「人生100年時代」を乗り切るためにはキャリアの見直しと、貯めたお金をシンプルに連用することと、両方のバランスを取ることが大事です。

山崎元の名言|「人生100年時代」を乗り切るためにはキャリアの見直しと、貯めたお金をシンプルに連用することと、両方のバランスを取ることが大事


なぜ俺が常にボヤくのか考えてもらいたい。「理想が高い」んだよ。選手時代も監督時代も、俺は野球に関しては常に高い理想を追い続けた。しかし、理想は高ければ高いほど、現実とのギャップが生まれやすい。「何でや……」という悔しい思いがあるから、ボヤくわけだ。

野村克也の名言|ボヤくのは理想が高いから


時代の変化を敏感に察知することは大切ですが、軸がふらついたまま5年後を考えても戦略は定まりません。ビジネスのネタを探す前に、まず自社の存在意義やコア・コンピタンス(中核的な優位性)を見つめ直すべきでしょう。

内田和成の名言|ビジネスのネタを探す前に、自社の持っているものを見つめる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ