松下幸之助の名言|きみ、どう思う?

このエントリーをはてなブックマークに追加

きみ、どう思う?
【覚え書き|松下幸之助氏の口癖。ことあるごとに周囲の意見を集めた】


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

起こったことがプラスかマイナスかというのは、その人の受け取り方次第なのです。だとすれば、わざわざやる気が萎えるように解釈するより、自分の得になるように受け取った方がいいと思いませんか。

ある島の小さな町の温泉施設建設計画のコンサルを担当したときのことです。県から「過大投資を防ぐために関わってほしい」と話があり、行ってみると「学歴だけの若造が東京から何しに来た」という空気。しかも片道6時間もかかる遠い場所。ですが私は嬉々として修行に励みました。この場で通じないなら、大きな仕事はできっこありません。

原稿や企画書を書かなければならないのに、集中できない。やる気が出ない。そんなときには、ワープロの前で指も動かさず呻吟するのではなく、まずはペンを持ってとにかく書いてみるのも一案です。そうすることで、脳が次第に活性化し、のめり込んでゆくということがあるのです。これを作業興奮といいます。興奮とは脳の神経細胞が活性化するという意味です。
【覚書き|呻吟、しんぎん。苦しみうめくこと】

組織がよくない状態にあるときは、必ずその原因は源であるトップにある。

将来を期待しているエリート社員こそ、最初にクレーム処理の現場を経験するべきなんですよ。企業にとってクレーム対応はユーザーの生の声に触れることができる最前線じゃない。それも提灯記事のアンケートみたいな内容じゃなく、ズバズバと問題点を言葉にしてくれるありがたいお客さんばかりですよ。そこで、仕事ができるっていうのはすごく大きな経験。その後、社内のどの部署に移ろうが、転職しようが、独立しようが、必ず積み重ねた時間は生きてきますよ。

地方創生はパソナ1社でできることではありません。ただし、パソナがやることで、こういうやり方があることに気付いてもらう。さらにはノウハウも学んでもらう。そうした人たちが全国に散らばり、それぞれの地方を活性化させていけば、日本経済は今よりも元気になるはずです。

注意したいのは、クチコミばかりを重視してはいけないということ。相変わらずテレビCMを見て、あるいは店頭でのセールスプロモーションによって購買する人は多数存在しています。また、購買に至るまでに複数のメディアに接触する人も少なくありません。

94年代初めに業績悪化に見舞われた米国IBMも猛烈な勢いで変身してきた。これをリードしたのが、93年4月にIBM初の外部出身トップとなったルイス・ガースナー会長だ。就任直後に断行したリストラクチャリングは苛烈で、約40万人いた社員を約20万人台まで削減した。これだけの痛みを伴う外科手術は、外部から来たトップでないとできない。

私の場合は、「孫正義氏ならどうするか」を考えます。ソフトバンク時代、孫社長とは24時間ほとんど一緒でしたから、「こういうとき孫社長ならこうするだろうな」と大体イメージできます。孫社長になったつもりで考えると、焦りや不安などの感情から解放されて、フラットな状態で考えることができるのです。閉塞した自分の頭では思いつかなかったようなアイデアを思いつくことがあります。プレッシャーを感じる逆境のときこそ、別の人の頭になってみるのがお勧めです。その相手は、身近な上司でも先輩でも構わないと思います。

社長としてまず取り組んだのは、会社のイメージを良くし、ブランドを高めることです。私は子供の頃、産廃処理業者の娘だと周りからバカにされた経験があります。当社に入社してからも、産廃処理業者がいかに下層の仕事だと見られているかを、イヤというほど感じさせられました。産廃処理は絶対に世の中に必要な仕事なのに、これでは次の世代を担おうという人が現われないという危機感もありました。

ページの先頭へ