松下幸之助の名言|勤勉は喜びを生み、信用を生み、そして富を生む。

このエントリーをはてなブックマークに追加

勤勉は喜びを生み、信用を生み、そして富を生む。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ビジネス文書では、最初に結論を持ってくる方法も有効です。一般的に文章は起承転結で書くべきだといわれますが、ビジネス文書に小説のようなドラマチックな展開は必要ありません。忙しい人ほどいきなり本質を知りたいはずですから、むしろ「起」や「承」を省いて、最初に「結」を持ってきた方が喜ばれます。

ホスピスでは、人間の知恵では及びもつかないことがたくさん起こります。そういった問題については「これは人間の領分ではなくて神様の領分なのだから」と保留しておいて、気持ちを引きずらないようにと心がけていますね。

シャープでは毎日、朝礼で創業者の「経営信条」を全社員が唱えているんですよ。理念自体は正しいんです。実際、稲盛さんにお会いした際に、「経営信条」と「経営理念」の書かれたカードを見ていただいたんですよ。しばらく見はってから、「正しいことばっかり書いてある。そやけど高橋さん、一番初めに書いてある『いたずらに規模のみを追わず』、これ守ってなかったよな」って言われた。「はい、守ってませんでした」。つまり、理念は正しくても、行動には何も結びついていなかった。これでは朝の唱和も意味のない念仏ですわ。

できるだけいま自分が置かれている立場とは違う環境に触れることが、様々なアイデアの源泉になるのではないでしょうか。

憂事(ゆうじ)に直面しても、これを恐れてはならない。尻込みしてはならない。「心配またよし」である。心配や憂いは新しくものを考え出す一つの転機ではないか、そう思い直して、正々堂々とこれと取り組む。力をしぼる。知恵をしぼる。するとそこから必ず、思いもかけぬ新しいものが生み出されてくるのである。新しい道がひらけてくるのである。まことに不思議なことだが、この不思議さがあればこそ、人の世の味わいは限りもなく深いといえよう。

人脈をつくるにはどうすればいいのか。大前提になるのは、自分の未来に明確なビジョンを持つことだ。10年後の自分はどのようになっていたいか。3年後でも構わない。まずはなりたい自分を考え、それを実現するために必要な人物を見つけて味方にする。出会った人が偶然、自分の人生に深く関わるケースも稀にあるが、人脈は自分で戦略的に構築するものだと私は考えている。

これだけ社会環境の変化が激しく、破壊的イノベーションが次々と起きて、強力な競合他社が生まれてくる中では、リーダーはかなりシビアな意思決定をしてその結果を背負わなければなりません。

ページの先頭へ