松下幸之助の名言|社長は他人を責める前に、自らを強く責めなければならない

このエントリーをはてなブックマークに追加

会社が上手くいかないということは、社長の意図するところに大きな欠陥があるからで、他人を責める前に、まず自らを強く責めなければならない。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

なぜ繊維事業を復活させることができたのか。振り返れば、経営者が常に現場に足を運び、事業課題を正確に把握していたから、と私は考えています。

責任者という立場は、ストレスがあって当たり前です。リーダーはストレス耐性が強くなければ務まりません。だから、ストレスを解消する方法をきちんと自分で見つけておくことも大事です。

目標を設定することは、むしろ自分の可能性を狭めることにつながります。目標を掲げた時点で、無意識のうちにそれは縛られてしまうからです。

トップが健康であることは、会社や組織にとっても極めて重要なことです。江戸幕府が260年も続いたのも、初代の徳川家康が長生きしたから。私も80歳、90歳まで元気に生きないと、大きな仕事が成し遂げられないなと思っています。

ある支店を訪れた際に、窓口で働いていた女性行員から「本部に問い合わせの電話をしても、様々な部署をたらい回しにされる。私たちの問い合わせの後ろにはお客様がいるのですよ」という鋭い指摘を受けました。幹部行員に聞くだけではわからなかった話です。

自分の性格がいまの仕事にピッタリと合ったときには適職であり、それが好きな仕事であれば、必ず天職につながります。逆にいえば、適職でなければ、たとえなりたい職業に就いても、多くのストレスを感じて、すぐに辞めてしまうことも多いのです。

報告のための報告書は必要ありません。私がそう意識するようになったのは、野村証券の営業マン時代です。毎日、上司へ提出する営業日報を書きながら、こんな疑問を感じていました。営業で大切なのは結果を出すことです。一日の行動を記しただけの報告書に意味があるのか。できる営業マンは顧客リストが刻々と変わります。上司はリストの変化をチェックすればいいはずです。

ページの先頭へ