松下幸之助の名言|根気よく、誠意と熱意をもって説得すれば、やがては必ず聞いてもらえる

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員が社長の意のままにならないと思われる場合でも、根気よく、誠意と熱意をもって説得すれば、やがては必ず聞いてもらえる。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

DDIを立ち上げるというお話をしたとき、松下翁(パナソニック創業者・松下幸之助氏、当時90歳前後)は「やめたらあきまへんで」と言われました。やめたときに、事業は初めて失敗する。この言葉に支えられました。いったん始めたら、どんなにつまらないことであっても、目の前にあることをひとつひとつ確実にやっていくこと。それが、私が諦めることなくやってこられた理由です。

花柄とロゴという2つのルールを度外視できたのは、まだ若かった私が世界の猛者たちとまともに戦っても、勝てないと思ったことが大きい。オリエンテーションよりも、自分を信じようと決めたのです。
【覚え書き|ティッシュ「scottie」のパッケージデザインコンペを振り返っての発言。「花柄」「指定ロゴ使用」という発注主からの制約を度外視したデザインを提出し採用された】

私自身、以前は仕事も遊びも頑張らなくちゃという考えで、頑張らない自分に罪悪感を持ってしまいがちでした。でもそれはワーカホリックの裏返し。そう気づいてからは変わりました。週末の一日か半日、予定を決めずにぼんやりと過ごす時間をつくる。そうすると、月曜日から張り切って仕事をする気分になれるのです。

外資系の投資銀行と比べれば、当社は部署や個の力では劣るかもしれませんが、チームプレーで戦えば間違いなく勝てる。

昨日の延長で駄目になったのだから、新しいことをやらないと。何をするか、ということは需要創造するしかないと。

経営は半分近くが失敗ですわな。8勝7敗、9勝6敗で勝ち越した会社が生き残っているだけです。だから減点主義で人を見れば、ほとんど失格になる。

子どものころ、商売人の父からよくこう言われました。「商売人は愚直にやるしかない。人を騙して儲けることはまかりならん。良雄、オマエは口達者で、商売の素質は兄弟の中で一番ありそうだが、いまのままではダメだろう。でも、オマエがほんとうのバカになれるのなら、大成するかもしれん」と。

ページの先頭へ