松下幸之助の名言|自分の仕事に対して経営者として取り組む

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の仕事においては責任ある経営者という意識で取り組もう。そうすれば創意工夫が生まれ、個人にとっても会社にとっても好ましい成果に結びつく。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

10代の頃から「社会において自分に何かできることはないか」と考えていました。起業はそのための手段でした。

現場の技術者は、手持ちぶさたを嫌がります。真面目だからでしょうね。空き時間が少しでもできると、2~3日後に処理すればよいロットに取りかかってしまう。みんなよかれと思って前倒しするのですが、生産技術の観点からは「完全な悪」なのです。不急不要のロットを先に処理してしまうと、本当に急ぐロットが発生した場合、製造装置が埋まっていて対応できない状況が起きかねません。半導体の製造装置は、一定数のロットを処理するたびに点検する必要もあります。メンテナンスの予定が狂ってしまうと生産計画が滞ることもあります。

効率よく仕事ができれば定時退社でき、その分、自分のために使える時間が増える。私も朝時間を活用するようになってから家族と夕食をとることができるようになりました。朝から晩まで仕事中心だった生活に変化が起こりました。

選手として同情されるのは最大の屈辱なんです。もし僕が記録を抜けなければ、なんだよ、できなかったのかよと非難されると思いますけど、同時に、仕方ないよくやったという声も出てきたと思うんです。それは僕にとっては一番悔しい。非難された方が、よっぽどマシだと思います。

私の唯一の判断軸は、昔も今も、利益ではなく創業精神に沿っているかどうかです。

人である以上は、なにびとに限らず人の本分を尽くさねばならない。人間である以上は、他の動物と異なる人間らしい道を歩まねばならない。

「おもてなし」をはじめとする日本の良さを世界に伝えていくことはもちろん大切です。この先、さらに重要になっていくことは間違いないでしょう。でも、こちらの良さを伝えようとするのであればなおのこと、相手の歴史や文化、生活、価値観などをきちんと理解しなければなりません。

既存の西洋ホテルと同じ運営方法を取っていては、西洋ホテルと同じリターンしか返ってこない。

当社は、このエリアで、どのデベロッパーがどれくらいの規模のマンション用地を持っていて、今後どれくらいの戸数が供給されてくるのかを把握しています。そうすると、今までの実績から、そのエリアには潜在需要がどれくらいあるのかが分かってくるわけです。もし供給過剰になる見通しであれば決して無理に事業を進めません。

私は平和主義者です。世の中を平和にしたい、みんなが穏やかに暮らせる社会をつくりたい。だから私は掃除活動をしているわけです。環境が荒れた状態の中で心が穏やかになるということは絶対にありえません。これは経験から得た私の結論です。

ページの先頭へ