古森重隆の名言|人材育成は首から下も大切

仕事の成果はその人の持つ五体の総和である。人材育成はとかく首から上ばかりに偏りがちだが、大切なのは首から下も合わせた五体の総和。

古森重隆 の経歴

古森重隆、こもり・しげたか。日本の経営者。富士フイルムホールディングス会長。長崎県出身。東京大学経済学部卒業後、富士写真フイルムに入社。取締役営業第二本部長、デュッセルドルフ支店長、ヨーロッパ支社長、常務などを経て社長・会長。デジタルカメラの普及に対応し、創業以来のメイン事業である写真フィルムから抜本的転換を行った。液晶素材、医療事業などに進出し、写真フィルム需要低迷で売上を落としていた同社をV字回復させ過去最高益を達成。そのほか、日本放送協会(NHK)経営委員会委員長なども務めた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いろいろな業態の店がある中で、自分たちが何屋になるのかを明確にしていかないと生き残っていけない。

川野幸夫の名言|自分たちが何屋になるのかを明確にしていかないと生き残っていけない


経営陣も本社にいる主要スタッフも、販売の第一線を学びのよりどころとして直接足を運ぶようにしています。以前は、企画担当は企画に専念し、陳列に関しては通達や施策案内パンフレットで、「この通りにやってください」と指示を出す程度でした。たまに店頭で作業を手伝うのは「応援」という位置づけでしたが、そのような考え方は、ある種の驕りだと思うのです。

前田新造の名言・格言|経営陣、本社スタッフも店頭に足を運ぶ体制にする


企業家精神は伝播していくものです。企業家精神を持った人と接する機会を多く設けていくと、「ああいうふうになりたい」と人間は感化されていくのです。憧れの人や目標になる人が近くにいると、活性化されていきます。

堀義人の名言|企業家精神は伝播していく


商売が生活者に受け入れられるかどうかは、とにかくやってみないと分かりません。それをリスクがあると表現するなら、何もできなくなってしまう。

遠山正道の名言|とにかくやってみないと


絵を描いている人はずっと「絵が上手くなりたい」って、一生そう言って終わるんだよね、きっと。

浦沢直樹の名言|絵を描いている人はずっと「絵が上手くなりたい」って、一生そう言って終わるんだよね、きっと


プライベートでは、たったひと言が気に入らなければその場でお別れ、ということもありますが、ビジネスの場合、そこまで深いつき合いではないぶん、言葉やしぐさを改善すれば簡単に挽回できます。一発逆転とはいきませんが、あなたの評価は必ずアップしますよ。どうしてもやってしまうことは、紙に書きバツ印をつけ、デスクなどに貼っておけば効果的です。

伊東明の名言|言葉やしぐさを改善すれば簡単に挽回できる


かつて関西は繊維と家電の町でした。ですが、時代と共に繊維や家電の競争力が低下し、これからどんな産業を関西の基盤産業にしていくか考えなければならない時期に来ていると思うんですね。私が思うのは、これからの時代は、かつての繊維や家電のように何か一つの産業に依存するのではなく、個々で独自の強みを持つ企業をクラスター化(集団化)して、関西独自の産業クラスターをつくるべきだということです。

松本正義の名言|何か一つの産業に依存するのではなく、独自の産業クラスター(企業集団)をつくるべき


百貨店業界の人は、ほかの業界と比べると視野が狭くなりがちです。ですから視野を広げるためにも、どんどん外に出た方がいい。そこで最近は、若手社員を中心に異業種への出向を促しています。

大西洋の名言|若手社員を中心に異業種へ出向させる


先はまだまだ長い。どこでどうなるかは、わからない。

タモリの名言|先はまだまだ長い。どこでどうなるかは、わからない。


以前は、基本「待ち」の営業でした。ただそんな時、たまたまある会社が運営していた病院内保育園に行ったのですが、そこでショックを受けたのです。放牧というか、ただ子どもを好きにさせているような託児所のような感じだったのです。「これではこの子どもたちの未来が厳しい。TVをつけっぱなしで先生たちは子どもたちを見ているだけ…」と思いましたし、教育が分かっている自分たちがやらなければいけないと思ったのです。そこから新規で営業スタッフを採用し、プッシュ型の営業に変え、全国展開を開始したのです。

大塚雅斗の名言|使命感によって働き方が変わる


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ