三井高利の名言|単木は折れやすく、林木は折れ難い

単木は折れやすく、林木は折れ難い。汝ら相協力して家運の強固を図れ。

三井高利 の経歴

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

センスを磨くために誰でも簡単にできるのは、周りにいるセンスのいい人をよく観察することでしょう。昔はかばん持ちや書生という仕組みがありましたが、あれは経営センスを磨くのに効果的でした。

日本向けについては、いまは考えていないです。日本はすでに市場が大きくて、僕たちが頑張らなくてもいい。メーカーやコンテンツホルダーの人たちからも、海外の市場を開拓してほしいと期待されています。実際、収益源はほぼ100%海外ですね。

まずは、現在のリーダーが、ビジョンを持って、そこに向かうアクションを起こすことではないでしょうか。そこから次世代のリーダーが育ってきます。要は「隗より始めよ」です。

縁あって上司になった人が、部下にどんな思いで接するかによって、部下の未来は変わるかもしれない。残念ながら部下は上司を選べません。だからこそ、上司は部下の成長に責任があるのです。

日本の経営体制は、いずれも日本の文化、風土を背負った一人一人の人間によって支えられています。日本型経営の特徴ともいうべき、企業内組合、終身雇用制度、年功序列賃金制度などは、集団主義から自然ににじみ出ていた経済体制なのです。

代表取締役と言っても、オフィスに張り付いているつもりはありません。私にとって、顧客と話しているのが一番楽しい時間です。中小企業も含めて、日本企業が国内外に情報発信していくのを先頭に立ってサポートしていきたい。

「即断即決」のためには、提案書は簡潔にまとまっていなければいけません。プロジェクタでスクリーンに映し出された瞬間、参加者全員の共通理解を得られるものである必要があります。いくら内容が優れていても、小さな文字で表記されていたら、十分に理解できないうちに次のページへ進んでしまいます。一項目につき普通は2行、長くて3行。これが限度です。

嘘をつかずに、誠実に対応していけば、人生には、仕事をしていてよかったと思えるチャンスがある。

ティアックはオーディオ以外の事業も展開してきたので、苦しい時代を乗り越えることができました。今後は他社との違いを明確にし、製品の質感や、音へのこだわりなどにさらに磨きをかけていきます。

当社はとりわけ優れた人材の集団ではありません。にもかかわらず飛躍できたのは、納得性に基づくチームワークと、明るく挑戦的な企業風土を築いてきたからです。人の可能性を信じ、その活力を最大限に引き出すことを何よりも重視する。これが「人を基軸」にする経営の本質です。

ページの先頭へ