三井高利の名言|厳に倹約を心掛けよ

堅く奢侈(しゃし)を禁じる。厳に倹約を心掛けよ。

三井高利 の経歴

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間は自らの努力によっていわば虚無から抜け出し、その理性の光によって自然が人間を包んでいた暗黒を消失させ、自己を越えて向上し、精神によって天上界まで飛翔し、太陽のごとき巨人の歩みによって宇宙の広大な領域を駆け回り、一層偉大かつ困難な自己の内部へ立ち戻り、人間を学び、その本性、義務、目的を知ろうとしている。このことはまさしく偉大にして高貴な光景である。

若い社員が一生懸命やっている。その仕事を見て芽が出るようにしてやるのがトップの責任だと思います。

私は、自分のキャラクターに合った立ち居ふるまいも心がけています。隣の経営者をただ真似るのではなく、経営者やキャラクターに合ったことをすべきです。

発言のあとに笑う、というのも日本人に多く見られることですが、これも外国人にとっては不気味に感じるようです。理由もなく笑うのは、心にもない発言をしたり、相手を馬鹿にしたりしている行為のように受け取られる危険性があるので、注意が必要です。

人は誰しも、おのれ一人の生涯を一人で生き、おのれ一人の死を一人で死ぬものである。

これまで東京スカイツリーなどの話題作を設計した建築設計事務所として、見たことがないような空間を生み出したい。

様々な事柄を整理するために、ポケットに入るサイズの黒いノートを使っています。このノートには経営会議の留意事項から最近見つけたおいしいレストランまで、公私混同で時系列にメモをします。こうすると後で読み返した時に、具体的に思い出しやすいのです。

歴史を学ぶということは、今と今までの違いを発見するところに醍醐味があるのです。過去に固執するのは、歴史を知る者のやることではありません。それは単なる懐古主義であり、浦島太郎の発想です。

ぜひ意識してもらいたいことは、「健康に二番目にいいことを習慣にしよう」という考え方。もちろん「健康に一番いいこと」を実践できれば100点満点。しかし、無理をして挫折し、何もやらなくなるよりは、最初からハードルを低くしたほうが始めやすく、続けやすいはず。二番目にいいことでも続かないようなら、三番目にいいことでもいい。今後の人生を見据えたとき、少しずつでも身体にいい習慣を積み重ねた結果が、将来、老後資金の積み立てのようにジワジワと効いてくる。

しっかり相手に伝えたいとき、人は自然に準備するものです。先日何も持たずに手ぶらでプレゼンした学生がいましたが、とても違和感がありました。ちょっとした準備が相手とのコミュニケーションをより円滑に深いものにする。「この人は準備してきて真剣だな」というアピールにもなります。

ページの先頭へ