三井高利の名言|厳に倹約を心掛けよ

堅く奢侈(しゃし)を禁じる。厳に倹約を心掛けよ。

三井高利 の経歴

三井高利、みつい・たかとし。江戸中期の豪商。三井財閥の基礎を作った人物。伊勢国(のちの三重県)出身。呉服店・越後屋(のちの三越)を経営し、当時主流であったツケでの販売を止め、現金での安値販売を行った。また、反物の切り売りなど新しい販売方法を実践し店を繁盛させた。その後、両替商も開業し、商売を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「アンテナは高く、頭は低く」世の中の変化や技術革新に乗り遅れないために、政治家でもなく、評論家でもなく、常に商人のセンスで情報をできるだけ収集せよ。

鈴木三郎助(三代目)の名言・格言|アンテナは高く、頭は低く。商人として情報収集


近江商人の「三方良し」哲学で面白いのは、「世間よし」という言葉だと思うんです。モノを売る側が良くて、お客様も納得していただけるのが一番ですが、さらに社会も納得しなければいけないというのがポイントですよね。これは世界共通の商売哲学だと思います。

夏原平和の名言|社会も納得しなければいけない


先代には商いの心構えなどを教わっていなかった上に、店を継いだ1年前には母も入院していたため、経営のことなどまったく分からず戸惑っていました。そんな頃に出会ったのが、たまたま書店で手に取った松下幸之助さんの書籍『実践経営哲学』でした。正直言うと、その時は読んでも「そういうものか」と感じたくらいで、あまりピンと来ませんでしたが、経営者として働きながら折にふれて読み返すうち、この本は私にとって、とても大事な一冊となったのです。
【覚え書き|21歳で大戸屋食堂を引き継いだ当時を振り返っての発言】

三森久実の名言|本は折に触れて読み返すと発見がある


自信は成事の秘訣であるが、空想は敗事の源泉である。ゆえに事業は必成を期し得るものを選び、いったん始めたならば百難にたわまず勇往邁進して、必ずこれを大成しなければならぬ。

岩崎弥太郎の名言・格言|自信は成功の秘訣。空想は失敗のもと。


メーカーはソフトを一度売って利益を得た立場にあるわけで、それを買った人が転売しようと捨てようと、個人的にはその人の自由ではないかと思う。ソフト会社はユーザーがすぐ飽きて売らないような、長く持ってもらえるソフトを作ればよい。

山内溥の名言・格言|中古ソフトの流通規制をするより、長く遊んでもらえるゲームを作れ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ