柵山正樹の名言|10年先、20年先に花開く技術というのは、今から仕込んでいかないとモノにならない。

10年先、20年先に花開く技術というのは、今から仕込んでいかないとモノにならない。

柵山正樹 の経歴

柵山正樹、さくやま・まさき。日本の経営者。「三菱電機」社長。兵庫県出身。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。電力・産業システム事業本部副事業本部長、電力システム製作所長、常務執行役、取締役専務執行役、執行役副社長などを経て社長に就任。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

クリスマスイベントを始めました。(東日本大震災の)被災地の子供たちにクリスマスツリーをプレゼントするイベントなんですが、お店や子供の遊び場もあってね。あの頃は何しろ世の中が暗くて、歌手もライブなんてしちゃいけない雰囲気でした。でも私はドイツのクリスマスマーケットが大好きだから、何とかこういうものを持って来て明るくできないかと思ったのね。1人じゃできないけど、幸い手伝ってくれる人もいて。そうやって何か始めると徐々に広がっていくんです。

平山みきの名言|何か始めると徐々に広がっていく


飲みすぎて寝不足だとか、勉強しすぎで寝不足だという人もいますが、おかしな話です。最高の力を発揮できるような状態で一日の朝を迎えるのはビジネスパーソンにとっての責務だといえます。

岩瀬大輔の名言・格言|体調管理はビジネスマンの責務


よく、「仕事にはスピードが大切」といわれますが、スピードはあくまでひとつの手段であって、正しい判断をするための情報収集や、お客様に驚きを与えるという意味において必要なものなのです。しかも、お金を使わずに大きな効果をもたらすことができるのですから、これ以上ない手段だと思っています。

松田憲幸の名言|仕事のスピードを上げることは、お金を使わず大きな効果をもたらす良い手段


スポーツだと、金メダルを獲った瞬間の自分の姿を想像しつつも、「昨日できなかったことが今日できるようになった」ということに小さな喜びを感じられるから続けられる。

為末大の名言|小さな喜びを感じられるから続けられる


あまりに簡潔で冷静な物言いをすると、相手に「ぶっきらぼう」だという印象を与えかねません。それを補うのが、テレビ会議システムなどを使った可能な限り顔を合わせてのコミュニケーションです。地理的に離れていると、どうしてもメールベースのやりとりになりがちですが、最初からそれではダメです。

守安功の名言|最初からメールベースのやり取りにしないことが重要


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ