柵山正樹の名言|10年先、20年先に花開く技術というのは、今から仕込んでいかないとモノにならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

10年先、20年先に花開く技術というのは、今から仕込んでいかないとモノにならない。


柵山正樹 の経歴

柵山正樹、さくやま・まさき。日本の経営者。「三菱電機」社長。兵庫県出身。東京大学大学院工学系研究科修士課程修了後、三菱電機に入社。電力・産業システム事業本部副事業本部長、電力システム製作所長、常務執行役、取締役専務執行役、執行役副社長などを経て社長に就任。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

常に環境が変わることを予測し、先手を打ってイノベーションを続けなければ、これからの時代に組織が生き残れないのは明白です。

やるべきことを書き留めたメモは、オフィスにいるときはデスクの上に置いておき、いつでも見られるようにしておきます。帰宅時にはカバンに詰めて持ち帰ります。メモに書かれた仕事が片付いたら、丸めてごみ箱に捨てていく。これが快感なんです。

「なんでもいいから自由にアイデアを出して」と言われると、かえって考えが浮かばないのが人間というもの。考える目的をはっきりさせて、あえて超えるべき「ハードル」を課すことで、無意識にそれを超えようとするため、アイデアの質がグンと高まる。

生きることは、忘れながら前に進んでいくことでもあると思っています。

月単位だと期間が長すぎて、月初に気が抜けてしまいます。すると、月末になって焦り出す。焦るとお客様にそれが伝わり、ますます結果が出ない、という悪循環に陥りがちです。週単位なら、それが防げます。

重要なことは、人が何を持って生まれたかではなく、与えられたものをどう使いこなすかである。

明日の午前5時よりビラまきをする事にした。当日、朝から大雨が降っていても、自転車に乗って30分かけて、びしょ濡れになってでも出社してくることが「お任せ下さい」の原点である。決して携帯電話で「今日はどうしましょうか」などと聞いてくるな。「ばか者!」

ページの先頭へ