柳井正の名言|ナンバーワンが儲かる

このエントリーをはてなブックマークに追加

あらゆる産業においてナンバーワンが儲かります。ナンバーツーやナンバースリーはそこそこ儲かり、それ以外は儲からない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

表紙は企画書の顔。序破急の「序」にあたり、導入として一瞬で相手の心を「つかむ」必要がある。ココでつかみに失敗したら、いくら企画内容が優れていても最後まで読んでもらえない。

結局、仕事というのは自分がどれくらい他人の役に立ったかという、お役立ちの総和だということです。だからこそ、ポジションや給料が上がることも大事ですが、それより大切なのは毎日毎時間「自分は誰のどんなことにお役立ちできるか」という問いかけを持ち続けることではないでしょうか。

優れた戦略をストーリーとしてつくっている人に共通しているのは、自分自身でそのストーリーを面白がっているということです。自分で面白くて仕方がなければ、おのずと人にも語りたくなります。そうやってストーリーが組織全体に浸透し、実行されるのです。優れた戦略ストーリーをつくった経営者は割と「話したがり」です。

管理職候補を採用するときに大事なことは自社に溶け込んで、どういう貢献をしてくれるのかを見極めることだ。チェックポイントとしては、まず本人がやりたいことは何か、やれないことは何かを具体的に聞き出すこと。次に、「なぜ、今までやりたいことができなかったのですか」と対話をするような感覚でヒアリングすることだ。管理職を採用する以上、新卒とは違って、本人の思いや価値観をいかに引き出すか、ヒアリングカが決定的に重要になる。そのうえで見極めたいのは、「乗った馬から下りないような覚悟があるか」。最後までやり切る覚悟がある人かどうかを見抜くことだ。外から会社に入ると、異質な人間と思われ、周りからの圧力を受ける。それに耐えられるタフネスを持ち合わせた人なのかどうかをチェックするのは非常に重要だ。

物体は激しく動けば、それだけ摩擦が大きくなる。人間だって、激しく動くと熱を持つのだ。はたから見れば、輝いている人間のことが、きっと羨ましく見えるのだろう。だけど、輝いている本人は熱くてたまらない。星だって、何千光年という遠くの地球から見れば、美しく輝く存在だ。「いいなあ、あの星みたいに輝きたい」人はそう言うかもしれないけれど、その星はたまったもんじゃない。何億度という熱で燃えている。しかも、燃え尽きるまで、そうやって輝いていなくちゃいけない。これは真面目に、結構辛いことなのだ。

私は、リーダーがするべき3大柱は、「ビジョン」「コミットメント」「実行」だと考えています。まずは会社がどの方向に向かっていくのかを社員に語り、理解はもちろん、共感してもらう。そこまでいって初めて、社員の心に「自分の力を最大限に発揮して、目標を達成しよう」というコミットメントが芽生えます。そして、実際に実行してもらう。ここまで持っていくのがリーダーの役目だと思っています。

強くなければ、優しくできない。

ページの先頭へ