柳井正の名言|年寄りの言う事を聞いていたら駄目

時代が変わったという事をもっと認識してほしい。年寄りの言う事を聞いていたら駄目。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

営業社員には成績に応じたインセンティブが加わります。インセンティブ制度は、僕自身がかつて営業マンとして働いた経験からです。会社に利益をもたらした分だけ給料が上がれば、さらにやる気が出て、それが会社の業績にもつながります。しかも給料だけでなく、家族も巻き込んだインセンティブを用意しているため、家族も喜びます。大事なことは個人がそれぞれ目標を持って、そこに向かっていくことです。もちろん、成績を上げるためなら何をやってもいいということではありませんが。

分林保弘の名言|家族も巻き込んだインセンティブを用意する


「株主ありき」の経営体質ではなく、「従業員ありき、顧客ありき」に株主が並ぶような経営の方向性が大事だ。短期の収益確保、習慣的な株主利得を求めることは有益ではない。

吉田博一の名言|短期の収益確保、習慣的な株主利得を求めることは有益ではない


買収して相手先に経営を任せて成功するには、経営哲学について、被買収企業から共感を得られる買収者かどうかでしょう。買収当時、RJRもギャラハーも短期的なキャッシュフローを追い求める米国的な株主至上主義に偏重し、そこからかなりのプレッシャーを受けていました。そこにJTが乗り込み、日本的な、短期でなく中長期の利益を重視する姿勢などを提示したことが、感動を持って受け入れられました。

小泉光臣の名言|買収した相手に経営を任せて成功するには


環境問題は多岐にわたるので、すべてを一企業でやることはできません。これが廃棄物を出す企業と処理業者とのマッチングというビジネスモデルを作る契機でした。従来は様々な大企業が自社の環境部門を持って対応をしていました。しかし競合他社との情報交換をしないので自社だけのノウハウで止まっていることが多かったのです。そこで我々はまずデータベースを作り、そこに廃棄物処理事業者、リサイクル事業者などの様々な技術を持っている会社の登録を先に進めて、どんな問い合わせにも対応できる体制を作りました。その積み上げた情報を企業に提供できるのです。

木南陽介の名言|企業間のノウハウを繋ぐ


仏教の精神は遺伝子の中に含まれています。それは、自己を生きながらえさせようとする自利の要素と、自分を犠牲にしても子孫を残そうとする利他の要素です。

梅原猛の名言|仏教の精神は遺伝子の中に含まれている


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ