柳井正の名言|年寄りの言う事を聞いていたら駄目

時代が変わったという事をもっと認識してほしい。年寄りの言う事を聞いていたら駄目。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

当社の一番の強みは、機動的な組織力です。社員がグループで6千人ほどいるのですが、この規模のサイズでありながら、「これをやろう、あれを変えよう」と非常に俊敏に動きがとれる会社なのです。

トラクターを製造しているジョンディアが農業従事者たちに配布している冊子には、トラクターの商品情報ではなく、彼らが関心を持ちそうな田園のライフスタイルや科学的農法などが紹介されています。顧客が関心を持つ「カスタマー・スイートスポット」を見つけ、それを中心に、顧客が参加できるプログラムを作ることが重要です。直接宣伝をしても顧客はなかなかついてきませんが、「カスタマー・スイートスポット」を通じてならついてくるのです。

周りから「わざわざ貧乏くじを引くこともないだろう」って言われても、僕は2軍のコーチ、監督として若手をはじめ、主力選手の大半を見てきたわけでしょう。「そうだ、いろんなことを進言してくれる人よりも、オレのほうがライオンズの選手のことを知っているじゃないか」と。
【覚え書き|西武ライオンズの監督就任要請を受けたときを振り返って】

手っ取り早いのは自分が「これだ!」と思った著者のセミナーを聞きに行くこと。自分の疑問や悩みを直接ぶつけることも出来るでしょうし、先生から習ったことをどんどん実践していけば、得るものは非常に大きい。

私がクルマを売っていた当時、セールスは男性ばかりの職場でした。そんな中で女性がいきなりトップセールスになるのだから嫉妬心もあったと思います。ですから私は、上司から優しい言葉をかけてもらったことはほとんどありませんでした。その寂しさ、つらさを経験していたから、自分が上司になったら、部下をどんどん褒めようと思ったのです。

当然、AIや素材などの分野で革命が起こって、ある個別の会社を中心に世界が変わるということも当然、起こり得ます。それは脅威ですから、我々も常に情報収集をしています。

私は現地法人を作るにしても、株式の過半数を持つことは意識しません。従業員も経営もできるだけ現地の人に任せたい。ベトナムの会社は今、従業員が5千人以上ですが、日本から送りこんでいるのはたった3人です。日本のノウハウを現地に持ちこむことが目的だとも言えます。それができたら、3人の日本人も引き上げていい。

私は社会人になった時に最初に大阪に出たわけですが、その際、風を一生の仕事にしようと心に決めました。そう思って西ドイツにも行ったわけですが、(西ドイツの技術を見て)これは頑張らないといけないと強く思いました。日本のために頑張らないといけないという思いが芽生えてきたのはこの頃です。

世界中のあらゆる減量・ヘルスケアサービスの中で、最も効果を出すサービスであり続ける。

営業の最前線を当社では「お客様接点」と呼びます。顧客のニーズが多様化している今日、マーケットでどういうことが起きているかは、得意先も知りたいはずです。そこで、キリングループ独自の、また自分が足で稼いだ情報を提供し、一緒に戦略・戦術を考えるのです。それによって、さらに信頼が深まることが実感できれば、営業の面白さもわかってくると思います。

「auってやっぱりいいよね」というお客様体験価値の向上には、店内での応対から改善が必要。

出すぎた杭は、MBA的な一見汎用性の高そうな能力によって承認を得ようとするべきではない。「この仕事に関してはあいつが一番」というオンリーワン型のスキルで一点突破を目指すべきだ。

相手の話をちゃんと聞くことは、当たり前のことですが、できていない人が多いものです。相手が具体的な答えやアドバイスを求めているならば、ズバリ答えを教えてあげてもいいでしょう。しかし、自分の気持ちをわかってもらいたくて話すという場面もあります。その場合は、相づちを打ちながら聞く姿勢に徹することが大事です。

ページの先頭へ