柳井正の名言|与えられるのを待っているような人は駄目

このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーシップとハングリーさが欠けている事は経営者やリーダーとして致命的です。与えられるのを待っているような人は駄目です。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

小社はお客様から声を聞くことを非常に重視しています。当然のことだと思われるかもしれませんが、小社では徹底しています。お客様の声を受ける仕組みはアンケートです。普通、アンケートの回収率は数%のようですが、小社では34%です。アンケートを返してくれるよう必死にお願いしているからです。お願いをする能力は商品を買っていただくのも、アンケートに答えていただくのも、同じだと思っています。営業マンに必須の能力です。そして、そのアンケートの結果で、社員の評価や給料、新しいサービスが受け入れられているかどうかの判断など、すべてを決めています。

昔は物流機能も発達していなかったから、物理的に納期に間に合わせるためには、新潟から神奈川に持ってくる時間を考慮して1日前には完成させないといけない。そこでまた技術力および中小企業の弱点である管理体制の強化が図れるんです。

日本人は優秀ですし、異文化と融合すること自体は決して苦手ではないんです。ではなぜそれがうまくできないのか、やっぱり語学です。英語は今やビジネスをしていく上では最低限のマナーだと思います。

いい指導者になるには、子供たちから尊敬されなければならない。いくらこちらが、「周囲の人を敬いなさい」と言っても、価値のない人間なら、コーチが敬われることはありませんから。

結果を出すのは「一流」。結果を出し続けるのが「超一流」。

私は基本的に人材サービス会社というのは黒子だと思っています。あくまで目立たない立場から、これからも企業と働く人に貢献していければと考えています。

僕は若いころからストレートにモノを言いすぎる。生意気だと評されてましたから。いまでも、まだ言われるけれど……。

地方創生大臣をやって強く感じたのは、地域のことは霞が関でも永田町でもわからないということ。その地域の農業の生産性を上げるために、製造業の生産性を上げるために、移住者を増やすためにどうあるべきというのは、その地域で答えを見つけていくしかない。

人の目を気にせず、自分のペースで努力することが幸せを長続きさせるコツ。

もし間違えてしまったとしても謝るだけでいい。一度謝罪をすれば、それ以上その問題に対して反省するよりも、次にどう活かせるかを考えるべき。

ページの先頭へ