柳井正の名言|未来を創るのが経営者

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来を創るのが経営者です。未来を創るという事は、ある意味ではクリエイターなのです。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

10年後に部長になりたいと明確にイメージすると、そこから演繹的にいま何をすべきかを考えることができるでしょう。いま自分は何をやらなければならないかを、自分自身で考えることになるわけです。

私が考えるコミュニケーションの定義は、「相手に対して何らかの行動を期待する活動」です。相手に話を理解してもらうだけなら、それは単なる情報共有に過ぎません。こちらが相手に働きかけをした結果、こちらが期待したような行動をとってもらうこと、つまり相手に動いてもらうことがコミュニケーションの目的であるはずです。そう考えたとき、コミュニケーションには、ロジカルな要素とエモーショナルな要素の両方が必要になると思っています。

夢を共有すると、ワクワクする気持ちがどんどん波及していく。特に地元メデイアの記者は、九州から生まれたこのななつ星を、全国に発信しなければいけないという使命感を持って記事を書いてくれていたように思います。ななつ星が話題になるにつれ、東京の本社から、「もっとななつ星について書いてくれ」と指示があり、うれしかったそうです。「九州から世界一を生む」ということに、一緒になって喜び、同じ九州で暮らす者として誇りを持ってくれたのだと思います。

私と一緒に旅館を切り盛りしている若女将も、インターンに来てそのまま就職した一人です。彼女は東京で就職が決まっていたのですが、「できる仕事は東京にあったけれど、やりたい仕事は自分でつくらなきゃならないと気づいた」と言っていました。すでにある仕事のなかからやりたいことを探す人が多いですが、小さいことでも自分で始めた方が、より成長できると思うんです。

いま社内で言っていることは、「チャレンジ&スピード」です。もともと富士通は、ともかくやってみようという会社でした。もう一度、そのDNAを呼び戻したい。

なぜ、ウェルチは自分の業績を否定するような人物をみすみす後継者に据えたのかといえば、それは「常に変革を起こすこと」がGEの伝統であると同時に、ジャック・ウェルチの信念の核心だったからです。私はここにGEという企業の奥の深さを見る。

人は年齢を重ね、会社内で階級が上に行くほど、自分を追い込むことが面倒になり、アイデアを考えたり、新しいことに挑戦するのを厭いがちです。その結果時代に淘汰されるのです。我が社では2年に1度、役員の改選があり、8人のうち2人が必ず入れ換わるルールになっています。ですから役員は必至です。これもまた、自分たちを追い込むための仕組みなのです。

ページの先頭へ