須田将啓の名言|ビジネスにおいては感情のパワーはとても大きい

ビジネスにおいてあまり感情を出してはならないというような話がありますが、私はそれとは正反対で、感情のほうが大事だと思っているんです。例えば、もし自分が嫌いな人だったらその人が上手く行っていても素直に受け入れられないものです。つまり、ビジネスにおいては感情のパワーはとても大きいので、採用のときも、「この人と一緒に働きたいか」とか、「この人が大変なミスをした時に許せるかな」ということはいつも心のなかで考えています。

須田将啓 の経歴

須田将啓、すだ・しょうけい。日本の経営者。エニグモ共同創業者。茨城県出身。慶應義塾大学理工学部卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科計算機学科専攻修士課程修了後、博報堂に入社。同社でのちに経営パートナーとなる田中禎人と出会い、グローバル・ショッピング・コミュニティサイト「BuyMa(バイマ)」を開設。その後、株式会社エニグモを設立し、「filmo」「ShareMo」「プレスブログ」など様々なウェブサービスを開設した。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

日本が経済的にも社会的にも成熟国家になった今、欧米諸国に先行事例を求めても、答えを見つけることは容易でない。日本は今、自ら課題を設定し、自ら解決していかなければならない時代を迎えています。

小林喜光の名言|自ら課題を設定し、自ら解決していかなければならない時代


「あきらめる」とか「あきらめない」とか、そんな次元のマインドではないんです。僕にとって「あきらめないのは当たり前」で、それよりも、「何が何でも結果を出す」という向上心の方が勝っている。「あきらめない」という言葉は、崖っぷちに立った時に使うような「余裕のなさ」を感じます。

石井一久の名言|あきらめないのは当たり前


反論するのを恐れるな。選手の前で俺とやり合え。それがキャプテンの仕事だ。

ジョゼ・モウリーニョの名言|反論するのを恐れるな。選手の前で俺とやり合え。それがキャプテンの仕事だ


消費税還元セールは、1997年に消費税率が5%に上がった時に、私が指示し、始めたことなんです。当時、消費税分5%還元セールをやろうと言ったら、社内ではみんな反対でした。1割引き、2割引きしても何ら売れないのに、たった5%引き程度のセールでは意味がないと言うんですね。ですが、私は人間の心理というものを考え、税に対する嫌悪感を考慮すれば絶対に効果があるだろうと。それでも社内で反対が多いから、北海道拓殖銀行が破綻して消費マインドが下がっていた北海道だけやろうと言って始めたんです。そうしたら、売り上げが前年比160%のアップとなりました。それで翌週から全国にセールを拡大させていったのです。

鈴木敏文の名言|人間の心理を考えて手を打つ


消費は、かつてのような楽しみではなくて効率が大事になっている。

村田紀敏の名言|消費は、かつてのような楽しみではなくて効率が大事になっている


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ