須田将啓の名言|ビジネスにおいては感情のパワーはとても大きい

このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネスにおいてあまり感情を出してはならないというような話がありますが、私はそれとは正反対で、感情のほうが大事だと思っているんです。例えば、もし自分が嫌いな人だったらその人が上手く行っていても素直に受け入れられないものです。つまり、ビジネスにおいては感情のパワーはとても大きいので、採用のときも、「この人と一緒に働きたいか」とか、「この人が大変なミスをした時に許せるかな」ということはいつも心のなかで考えています。


須田将啓 の経歴

須田将啓、すだ・しょうけい。日本の経営者。エニグモ共同創業者。茨城県出身。慶應義塾大学理工学部卒業、慶應義塾大学大学院理工学研究科計算機学科専攻修士課程修了後、博報堂に入社。同社でのちに経営パートナーとなる田中禎人と出会い、グローバル・ショッピング・コミュニティサイト「BuyMa(バイマ)」を開設。その後、株式会社エニグモを設立し、「filmo」「ShareMo」「プレスブログ」など様々なウェブサービスを開設した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

十分な準備を整える習慣も、余裕の源となります。準備を万全にして不安の源を断てば、自信をもって本番に臨めるからです。

すべての営業プロセスの中で「ゴールの確認」は最も大事なスキルです。にもかかわらず、多くの営業マンが見落としているポイントでもあります。「挨拶だけしてくる」「とにかく会ってもらう」といったあいまいな状態でお客様と対面し、何も成果なく帰ってきた、という経験はないでしょうか。その都度ゴールを決め、次につながる布石を打ってこそ商談は前に進むものなのです。

「この人と一緒に仕事がしたい」と思えるかどうかを大切にしています。仕事に対する姿勢やがん医療で革命を起こすのだという想いを共感できるかを大切にしています。

リーダーシップを感じさせるスピーチにするには、話し手の動機が何かをつかむことが最も重要。

障害者を雇うと、彼らと触れ合い、彼らの真摯な働きぶりを間近に見るうちに、周囲の全従業員の心が変わります。従業員に利他の意識が芽生え、ものごとに対する感謝の念が強くなり、仕事に対する姿勢やものの見方も変わります。なかなか言うことを聞かなかった人が素直になったり、いがみ合っていた同僚同士が仲良くなったりもします。

僕は、小学校では野球を始めて、二番バッターを務めるようになりました。身体の小さい自分はどう努力してもホームランバッターにはなれない。だったら、県でトップの二番バッターになろう。守備も上手で、選球眼のいい選手を極めようと思ったのです。こんなふうに、僕は小学生ですでに自分にできることを見つけられた。あるいは、見つかった。これはとてもラッキーなことだったと思います。

医師として大事なことは患者の病気予防です。当時、病院にはアレルギー患者が急増していました。アレルギーの原因として一番多いダニを除去できれば、アレルギー患者の生活の質は向上します。そこで布団のケアができる製品がないかネットで調べてみると、当時はありませんでした。ならば私がその製品をつくろうと思ったのです。
【覚え書き|大ヒットした布団クリーナー「レイコップ」を開発したきっかけについて語った言葉】

宇宙産業には、技術だけではなく、ビジネスを作る人も必要です。どうしても研究者肌の人が多い業界なので、考え方が研究者寄りになってしまいますから。

上司も口先だけでなく、現場で一緒に戦わなければならない。

最も効果があるのは、実際に書類の電子化にチャレンジして成功している企業の事例を知ること。また、経営者がそうした先行例に学ぶとともに、社内にその内容やメリットを伝えて啓蒙していくことも大切。

ページの先頭へ