孫正義の名言|挑戦する者にのみ未来は拓かれる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

挑戦する者にのみ未来は拓かれる。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

大きな嘘をついて、細かいところはものすごく現実を突き詰める。それが僕ら(漫画家)のあるべき姿のような気がする。

ネットが普及する前は、どんな情報を集めるにも足を使わなければならなかった。指示が曖昧なために無駄な情報ばかりを集めてしまったから「手戻り」が頻繁に発生し、時間と労力の大きなロスになる。だからこそ、部下への指示も慎重に行われていた。ネットで簡単に調べ物ができ、便利になったはずのいまも、仕事の生産性が上がっていないのは、その使い方を勘違いしている人が多いからではないかと思う。

頑張ることはいいことですし、必要なことでもあると思います。ただ、体力的にも厳しくなってくるミドル世代で仕事の仕方を変えないと、いずれにっちもさっちもいかなくなってしまう時期が来ると思います。

この世界に入って、技術的に桁違いの人が本当にいるんですよ。そこの差をどうやって埋めていくか。それのために使えるツールはどんどん使っていきたい。

キットカットの立て直しをするとき期間限定商品を発売しました。きっかけは、コンビニエンスストアの台頭でした。コンビニでは売れなければすぐに販売を打ち切られてしまいます。それなら、切られる前に自ら販売期間を切ってしまえと考えたわけです。これによって、キットカットのプレミアム化が進みました。当時はデフレの真っ只中でしたが、ご当地ものや期間限定ものなど、比較的値段の高い商品をヒットさせることができました。

粋な遊び方とは、1つめは「執着しないこと」。2つめは「常に周囲に目を配り、気遣うこと」。3つめは「自分の趣味を人に強いないこと」。

企業のエグゼクティブたちに「持続可能な競争優位や信頼できる資産は何か」と質問したのですが、その回答として「知覚品質」「ブランド認知」「カスタマー・ロイヤルティ」が上位にランクしました。一方で、彼らが四半期ごと、ともすれば、月単位や週単位といった短期的な売上や利益の最大化に終始していることにも気づきました。こうした近視眼的な考え方がビジネスを歪めていたのです。結果的に、ビジネスは資産を構築するものでなければならず、その最も重要な資産の1つがブランドなのだという確信に至りました。

ページの先頭へ