粟田貴也の名言|お客様の満足を起点にコンセプトを

お客様に1杯のうどんをどう美味しく食べて頂けるかを考え、全てのコンセプトを作っています。

粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

お客様にとっては、あなたの利点なんてどうでもいい。お客様はお客様にとっての利点を知りたいだけ。

ジェイ・エイブラハムの名言|お客様にとっては、あなたの利点なんてどうでもいい


礼法と聞くと、決められた動作を覚えるだけの堅苦しい行儀作法だと思われるかもしれません。しかし、武家を中心に伝えられてきた小笠原流礼法の本質は、日常生活の中で行う心と体の「鍛錬」です。初めて参加される方は一様に戸惑います。話を聞くお勉強ではなく、体を使う鍛錬から始まるからです。基本である歩き方の練習だけでも、始めて5分もすると汗だくになります。筋肉痛にもなるし、思惑違いからすぐにやめてしまう方もおられます。

小笠原清忠の名言|礼法は体の鍛錬から始まる


たとえ、「ちょっとやりすぎかな」と、思ったとしてもそういった言葉を一切かけないようにしている。行動に制限を掛けるような言葉を経営者がひと言発しただけで、現場にグッとブレーキがかかる。その瞬間にエネルギーにもブレーキがかかる。だからこそ、のびのびやってもらう環境づくりが私の仕事。

後藤亘の名言|行動に制限を掛けるような言葉を経営者がひと言発しただけで、現場にグッとブレーキがかかる


あいつらは悪い、あいつは駄目、あいつらは危険な男たち、というふうに決めつけてしまった方が楽じゃないですか。あいつらはきっと考えがあるんだよ、なぜ彼らが怒っているか聞いてみようよ、というのはとても面倒臭いことだし、大変なことです。しかしホントはそれをしなきゃいけないというのが絶対的価値観だと思う。だって地球は1つで、みんな一緒に住んでるわけだから。

遊川和彦の名言|決めつける前に聞いてみる


何でも覚えられる超人はいません。忘れたら覚え直せばいいだけ。忘れたことにがっかりすると、勉強が嫌になる。

鈴木秀明の名言|忘れたら覚え直せばいいだけ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ