粟田貴也の名言|消費者の心を鷲掴みにするような集客を

このエントリーをはてなブックマークに追加

マーケットが縮小する中、消費者の心を鷲掴みにするような集客をしなければ競争に負けてしまう。


粟田貴也 の経歴

粟田貴也、あわた・たかや。日本の経営者。うどんチェーン丸亀製麺などを展開するトリドールの創業者。神戸出身。起業をするために神戸市外国語大学第2部英米学科を中退。佐川急便にセールスドライバーとして勤務し開業資金を貯めたのち、焼き鳥の「トリドール3番館」を開業。鳥インフルエンザ発生を機にセルフ讃岐うどんチェーンの「丸亀製麺」を開業。同社を大きく成長させ東証1部に上場させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私たちは、私たちの考えに共感する人たちとだけ仕事をしてきた。そもそも理念に共感しない人を選んでも、トレーニングする意味がないからね。

締め切りを設定しないと「そのうちやればいい」とか、「今日はゆっくり残業をして遅くまでやればいい」となります。とくに長い時間がかかる仕事は、プロジェクトのように、いくつか途中の締め切りを設定することで、仕事の生産性が上がります。

タバコの歴史は非常に長いですが、シガレットはせいぜい120年です。既存商品以外にもまだ新たなフロンティアがあると思っています。

自分の意見と違う論調の新聞って、読むのに抵抗感があるという人もいるでしょう。でも逆に、それを面白がるという発想が必要だと思います。「こんな見方ができるんだ」と思って読めば、新たな刺激になりますよ。

商品の品目数を削減する。約1500あるSKU(最小管理単位)を、40%削減することを目指している。営業は売る品目が多い方が成績を上げやすい。開発サイドは自分が生み出した商品はかわいい。放っておくとSKUが増える一方。その結果、お金を生み出さない在庫が積み上がる。

肥満というのは経済学から見れば「借金」そのものです。食べる楽しみを優先したことで背負った健康上の負債だと考えればいいでしょう。結果として、洋服が合わなくなったり、無理なダイエットが必要になったり、将来の病気のリスクを背負い込むといった利息を払うことになります。

自信が失せると能力も下がりますから、本当はできることまでできなくなってしまいます。失意泰然と言うように、ピンチのときはたとえ空元気でも明るくどっしりと構えていることが一番なのです。

ページの先頭へ