柳井正の名言|真っ当に生きれば、怖いものはない。

真っ当に生きれば、怖いものはない。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人生は生涯、学びです。何事にも疑問を持って、自分で考える姿勢を保つこと。そして柔軟に構え、人との関係性を構築する方法を考えること。これが、僕の学び方でもあります。

良い芸術家は真似をする。
偉大な芸術家は盗む。

硫安同値の尿素をつくる、一応計算では成り立つのですが、出来上がってしまった今日ではなんとでも申せますものの、当時は私にも確信はありませんでした。しかし、このままでは自滅のほかないので、上手くいかなかったら私が腹を切るつもりで踏み切りました。
【覚書き|東洋高圧時代、北海道に硫酸の工場をつくったものの硫酸がつくれなくなり危機に陥ったときを振り返っての発言。このあと同社は、尿素の大量生産に成功した】

後になって失敗が明らかになると、自分は責任を取ればいいのですが、やはり多くの人に迷惑をかけてしまう。常にこのことを念頭に置いて現場の声に耳を傾けました。

考えの妥当性や正当性を明確にするには、「全体から見る」というやり方があります。同じ属性を持つ他のものや、全体を表わす平均値と比較する方法です。「新規顧客獲得のために、インターネット広告を増やす」という案なら、テレビや新聞の広告と比較したり、広告出稿量の業界平均と比べれば、その考えが適切かどうか判断できます。

創業者の理念以外は変えていいと思っています。トイレの形だって、お客さんの満足につながるなら、ひょっとすると変えていいかもしれません。

トップが行動を示すことによって、社内、社外に無言のメッセージを送ることができる。この力は大きいと思います。

不安は、何かを守ろうとしたり損をしたくないという心理から生まれる。そうした現実的な損得にかかわることを一つ行ったら、損得の入らないことを二つ、三つ行うとよい。バランスが取れ、不安を押し込めることができる。

私は、生きるうえで武士道の精神を信条としています。武士は、社会のなかでの使命を、自ら任じて生きていました。自分の信じることのために行動する。それが原理原則です。

学生時代京都だったので、老舗のお漬物屋さんとか、修学旅行の生徒が泊まる旅館の布団の上げ下ろしとか、変わったアルバイトもしました。いま思えば、そのときの仕事の経験が脚本作りにも役立っていますね。

古典を読んで内容が難しいと思ったら、本棚に積んでおくだけでも十分です。いま内容を理解できなくても、10年、20年後、自分の置かれた状況が変わることで、突然、合点が行くことがあります。幸い、古典は時間を経ても腐りません。読みたくなったときはすぐに手に取れるよう自分の本棚に常備しておくことが大切です。

急激な変化や新しいことに挑戦することに尻込みしてしまうのは、失敗に対する恐怖心があるからです。変化や挑戦を恐れる思考習慣を変えるためにも、口ぐせは大変効果的です。変化とは、楽しくてポジティブなものだという思考習慣をつけるのです。「新しい挑戦が可能性の扉を開く」「成功は自らつかむもの」「解決できないことは起きない」などと、頻繁に口にしてみましょう。

やるべきことをやらなければ、絶対に結果は得られない。

ページの先頭へ