柳井正の名言|店を開けていればお客様は来て当然は大間違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

店を開けていればお客様は来て当然、売れるのは当たり前と考えるのは大間違い。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

羅針盤となる人を見つけることも重要です。自分より頭がいい、目端が利く人が何をやっているかを見る。先に気づいて行動しているから、それを真似る。

私自身、若手層のコミュニケーション能力について、大変強い危惧を抱いています。挨拶ができない、人の話を聞くことができないなど、対話を成立させるための基盤がないところに、わかりやすいスキルだけをのせても上滑りしてしまうだけでしょう。

言葉は真心を込め、行いは慎み深く、事を取りさばき、人に接するには必ず誠意を持って臨め。

「どうすれば評価され、賃金が上がるのか」が社員にも分かるように、人事評価の基準を明確にしました。評価項目にはもちろん、スピードが含まれます。仕事が丁寧でもスピードが遅いと高い評価は得られません。

私の人生を顧みると、どんな生まれ方をし、どんな運に恵まれ、どういう人脈のなかに自分がいるかによって、仕事のあんばいがずいぶん変わってきたように思う。だから人間は、人間関係そして生まれたこと、生まれたゆえんに感謝し、それを活かしていくことが必要なのだ。

私たちは幸せというものについて、多くを学んでいるところだ。このテーマがあれば、余生も十分幸せに暮らせそうだ。
【覚書き|幸福度の研究について語った言葉】

大事なのは準備を丸一日かけたことではなく、それで十分な準備ができたかどうかです。

ページの先頭へ