柳井正の名言|店を開けていればお客様は来て当然は大間違い

店を開けていればお客様は来て当然、売れるのは当たり前と考えるのは大間違い。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員が会社に対して情熱を持ち、会社の商品に対して情熱を持ち、その気持ちを商品に乗せることによって、それがお客様にも伝わる。

印象深かったことの1つに、大阪府池田市にある「インスタントラーメン発明記念館」に勤めた時、百福(創業者)の指示でトイレ掃除の当番をし、その責任者になったことがあります。「創業家一族出身だからといって、傲慢にならないように」という戒めもあったのでしょう。クリーンネス(清潔さ)は、食品メーカーとしてまず一番に大切にしなければならないことなんですよね。

グローバル人材をどう育成していくか。これは日本企業でも重要なテーマになってきています。シンプルだけれど、いいやり方だな、と思ったのは、「若手社員に2度海外に出る経験を積ませる」という方法です。一度は上司が外国人のところに行く。2度目は自分が外国人を使う。これを意図的にやる。これをやれば、自分に何が足りないのかがわかります。その後のトレーニングにも意味が出てくる。

私は仕事が大好きです。これ以上楽しいことはありません。それに、業界全体の質を良くしたいという使命感と、社員の生活を守りたいという責任感があります。

私たちにとっては、たくさんのアイデアが出るのは当たり前で、それらのアイデアの中から本当にお客さまのためになるものを選び、そのアイデアをいかに実現するかが重要です。

自分ができたこととできなかったこと、そして、自分の力ではどうにもならなかったことを整理して、それを引き出しに入れていく。いたずらに患者さんを死なせてしまったと嘆くのではなく、次にどう反映させるかを考えることが、亡くなった方への最大の供養だと思います。

米国のビジネスマンにとって身体を動かすことは、いわば「身だしなみ」に近い感覚なのだと思います。普段から運動して、若々しい外見やスマートな体型を維持していれば、初対面の人にも自信を持って会うことができる。そして自分の第一印象も良くなることを、皆が知っているのです。だから、朝起きて歯を磨いたり、髪を整えたりするのと同じような感覚で、ジムに通うのでしょう。

会社を成長させる過程で、多くの悩みは生じますから、経験を話し、アドバイスすることがあります。僕も多くの先輩方に尻を叩いてもらいましたので、しっかりとした志を持つ、見込みのある後輩には尻を叩いています。

よく競争戦略などというが、競争を云々する前に、ベンチャー企業は売れる商品を提供できないとお話にならない。

世界経済の構造が急速に変貌し、企業を取り巻く環境は非常に不安定です。このような不確定な時代に成長を維持するために最も重要なことは何か。それは、最高の才能をいかに多く獲得できるかです。

僕は役者とほとんど話さないんです。話しても、ひと言ふた言。役者はプロである以上、僕があれこれ言わなくても、衣装とかセットのたたずまいとかカメラのポジションなどから、自分がやるべきことはわかりますから。とくに立ち回りのシーンでは、僕らは一切声をかけないし、かけられない。

デュポンやP&G、IBMなど、本当の一流企業ではホワイトカラーの移動率が2%以下で、実は日本より低い。理想は日本のように制度的な終身雇用をすることではなく、結果的に終身雇用にすることだ。つまり、それぐらい社員にとって離れがたい魅力ある会社にすることが会社の理想形といえる。

私のブランドで大事にしているもの、それは洋服の「居心地」のよさです。着心地がよく、着ていてラクで、動きやすいのは当たり前。それ以上に、着ている本人にしかわからない心地よさを感じられる。そんな服を目指してつくってきました。ですから、私の服を着ると「元気になる」という人が少なからずいます。

ページの先頭へ