柳井正の名言|去年と同じことをやっていたら、お客様はどんどん減って行く

このエントリーをはてなブックマークに追加

去年と同じことをやっていたら、お客様はどんどん減って行く。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

このビジネスは簡単ではない。そんな簡単なビジネスだったら、何も私が飛び込んできて、「日本の産業を何とかしなければいけない」という熱い想いを持ってやることではない。

「誰かに叩かれたら、相手が自分の弱点を指摘してくれたのだと考えればいい」ということでした。そう捉えれば、「自分の弱みを改善していこう」とプラスに考えることができる。そこで「俺は間違っていない!」などと反論しても不毛な戦いになるだけですから、「良い学びのきっかけができた」と考えたほうが自分のためです。

会社にとって今一番大切なのは「成長への種まき」。

指示するときは目を見て、期待を込めて伝え、そのうえで指示したことに責任を持つ。部下の目を見ながら「頼むよ。失敗しても私が責任を持つから」と言われたら、部下も思い切ってやってみようという気持ちになる。人間は、論理だけでは動かない。

現場に興味を持たないトップは致命的だ。しかし、現場にばかり興味を持つトップでは、多くのことをなし遂げることはできない。両者のバランスが重要だ。

日本でも優秀な起業家が増えています。私がかつて多くの先輩方にお世話になったように、失敗を含めて自らの体験を次の世代に伝えていくことが、最後の社会貢献だと思っております。

山登りは執着が一番危険です。頂上近くにいると、無謀だと思っても行きたくなる。だからこそ、大事につながる一歩手前で、あきらめる勇気が重要です。

ページの先頭へ