柳井正の名言|顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営で一番大切なのは顧客の要望に応えることである。顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人間が土から生まれて土に帰るように、万物は不滅であり循環還元する輪廻の法則に従って間断なく活動しているもので、その大きな流れには人力ではいかんとも抗することができない。

集中力の持ち方次第でスピードの質を変えられることも、会社に勤めているからこそわかったこと。学生からそのまま専業作家になっていたら、気づかなかったかもしれません。

僕は自分のことをプロだと思っていません。なぜなら、僕にとって映画は仕事じゃないからです。仕事だと、ときにはお金のために、あるいは依頼主のためにやりたくないことをやらなければならない。でも、それが僕にはできない。映画だけは余計なことを考えず、やりたいようにやりたいんです。

スタッフが本気で自分の生活を楽しむ。それがきっと他社とは異なる強烈な個性やパワーになり、結果としてファンも呼び込める。

我々地方企業は、地元だけでは生きていけなくなると思います。既に進出している首都圏事業を拡大し、やがてアジアへの進出を加速せざるを得なくなるでしょう。とすれば、大企業とも戦える力が必要です。

何かを勉強するときは、過去問1冊、教科書1冊が基本です。あれもこれもと買い込まない方がいいですね。また、勉強を始めるときは頑張って分厚いものを選びがちですが、なるべく薄いものを選ぶといいでしょう。これも原則です。そのほうが「やりきった感」が得られて、ポジティブになれます。1冊を何度も繰り返してやることが重要です。

投資するときに注意しなければいけないのは、景気の流れです。かつては、景気の良いときと悪いときが比較的分かりやすい形で順番にやってきましたので、一度チャンスを逃しても、また次のチャンスがやってきました。スポーツにたとえるなら攻めと守りが交互にやってくる野球型といえます。しかし現在は、いつチャンスがやってくるか分かりません。守りから急に攻めに転じなければならないこともあります。いってみればサッカー型に変化しているのです。景気の流れの変化に敏感に対応し、資産の組み替えもその時々で検討すべきでしょう。

ページの先頭へ