柳井正の名言|顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営で一番大切なのは顧客の要望に応えることである。顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

情報は向こうから勝手にやってくるわけではない。社長自ら取りにいってはじめて情報を入手できるのです。

ありがたいのは、実績が増えるにつれ、IPOをお手伝いした会社の同業態の会社から声がかかるケースが増えています。当社が主幹事でIPOした会社が他社に紹介してくれるのです。もし当社の引受業務に不満があったら、リコメンドをしてくれることはないでしょうから、これは誇っていいと思います。

普通の会社は社長が言ったことをやらなくても社員を許してしまう。私はやらないならすぐに人事異動を行って、代わりにやる気のある若い人にやってもらう。社長の仕事は決断とチェック。まず変えてみて、あとからチェックしてダメだったところを少しずつ変えればいいんです。

国家は最高の道徳なりという言葉があります。住友は国家あっての住友であるわけですから、国の利益に反して住友の利益があるとは思いません。しかし、そういうことが実際にあって国の利益を冒してまで住友の利益をはかれという命令があったなら、私は潔く住友を辞めます。
【覚書き|住友財閥への入社試験での発言。試験官から「国家の利益と住友の利益が反した場合あなたはどうするか」と質問されたことに対しての返答。試験は合格した】

まず「現場を知る」こと。成功事例の共通項は、現場や顧客との対話を繰り返しつつ、自社の価値を再定義したことにあります。

戦略的に信頼残高を高めたければ、小さな約束をいくつもして、それを確実に守っていくことです。たとえば、「いつまでにこれをやる」「会議はいつも1時間で終える」などと約束しておいて、それをきちんと守る。これを繰り返せば比較的短期間で信頼残高を高めることができるでしょう。

オンラインの情報が増えたからこそ、オフラインの重要性も増しています。今年、オバマ大統領が広島に来て、原爆被爆者の背中をさすりましたね。いくら技術が発達しても、オンラインでは背中に触れない。そこは忘れてはいけない。

その会社に投資するかの判断は何をおいても相手の人格です。お金で人格は買えません。金よりも何よりもまず人格が大切です。私の信頼を得られない人物は、私から金を借りることはできません。
【覚書き|プジョー委員会(米国政府の金融・通貨委員会内の小委員会)公聴会での発言。金融機関が裏でインサイダー取引をしているのではないかと追及された時の発言】

「幸せは地獄の一歩手前」という言葉があります。大好きなお菓子でも100個食べろと言われれば、誰もが嫌になります。何個がちょうどいいのか。人の話をよく聞き、気づいたことをメモに残す地道な習慣こそがアイデアの源です。

私どもでは共同創立者の第一世代から、私も含めた第二世代への世代交代が行われました。その時点で「企業をどのように統治するか」が命題になりました。その答えのひとつが、持ち株会社制度への移行であり、それまで共同創業者が下していた経営の意思決定を取締役会に移したことでした。取締役会には親族以外の人物も招き入れて、アルティコア(アムウェイグループ)全体の経営判断を行っています。

ページの先頭へ