柳井正の名言|顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営で一番大切なのは顧客の要望に応えることである。顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事量が多いと思っているときでも、「この間の仕事、良かったよ!」の褒め言葉一つで、俄然、元気が出て、スイスイ進むようになることがありますよね。つまり、成果を出すための最も重要なポイントは、自分の「気」の状態だということです。

欧米では、消える航空会社もあれば、新しい勢力も生まれている。日本の航空業界にもそういう世界がいつか訪れると思っています。だからこそ、気合を入れないといけない。我々だって、決して安泰ではありません。

誰でも何かしら趣味や長所を持っていると思います。それらに他人が価値を認めるかどうか、まずは「自分の長所」と「他人の求める価値」との間に接点を見つけることが、起業の第一歩。

当社がもともとフランチャイズ化を決めたのも「唐揚げ」という食材が、景気などの外因に一番影響されないという調査結果が出たからです。確かに売上的にはそこまで上げられるものではないと思いますが、当社のビジネスは高齢者夫婦2人でも運営できるぐらい肉体的な負担も少ないです。ある程度の収入を確保しながら長くコツコツと事業をしたい方にとっては、非常に魅力的なビジネスだと思います。

企業の不祥事例を見てもよく分かるように、ワンマン、カリスマ型はもはや危険すぎる。ボトムァップ、おみこし型はスピードに欠けるし、見逃し三振の責をとらない無責任がはびこる。これらの現象は、いずれも社内の声、社外の眼、トップの頭の3つのパワーバランスが崩れているのだ。

職人というのは工夫で生きていかなきゃいけないものでしょう?だから私は新入社員から「何をしたらいいんですか」と質問されると腹が立ってね。「俺だってわかんねえんだ。与えられた仕事をやるなら機械には敵わねえんだから、わかんねえでいいからやれ」と、無理に仕事をさせるんだ。仕事を見ていれば、ようやくこちらに反応の余地も出てくる。「それなら、これをやってみたらどうだ」「ちょっと絵にしてみたらどうだ」と言えるわけだ。

私は大事なことを忘れないために、よく「もの」を使います。旅先で一度座ってから立ち上がるとき、バッグを忘れぬよう自分の足に「ストラップ」を巻いたり、出かける前にアイロンのコンセントを抜き忘れぬよう、コンセントのところに「携帯電話」を置いたりします。これらも「忘れにくいものと関連付ける」という意味で共通したやり方です。

ページの先頭へ