柳井正の名言|顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない

経営で一番大切なのは顧客の要望に応えることである。顧客の要望に応え、顧客を創造しない限り、商売は出来ない。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「いまは必要ない」というお客様との関係をしっかり継続することが、将来をも含めた見込み客の裾野を広げるカギとなります。

スポーツや芸術でもそうですが、まず最初に決まった「型」を習得して初めて「型破り」が可能になります。型がない人がやるのは「型なし」です。基本的な仕組みの存在こそが、会社の成長につながる創造性を生みだすのです。

しまむらの強みは、ひとことで言うと「やることが徹底している」という点ではないでしょうか。アパレル業界は返品条件付きの取引が常識ですが、しまむらは完全買い取りです。それもある日、「今日から取引先への返品禁止」と決めたらそれを徹底的に守るのです。取引先への返品禁止を本気でやっている小売業なんて、うちぐらいのものだと思います。

生活者のニーズはどんどん変化していくのです。今年のニーズと、来年のニーズは違うのです。そのニーズの変化さえきっちりつかまえていけば、ビジネス・チャンスはいくらでもある。アイデアが枯渇することなんてあり得ないのです。

大企業の小型版みたいな組織をつくれば、ベンチャーが成功するなんて間違ったイメージを押しつけるキャピタリストなどは、会社を官僚主義にしてしまう残念な結果にしてしまう。

日本人同士で話す英語はおかしいという人もいますが、実はシンガポール人とか香港人がしゃべっている英語も文法はおかしいですし、主語は滅茶苦茶だったりするんです。でも通用している。日本人の英語でも全然かまわないんです。

何のためにその企業がつくられたのか、なぜ現在存続しているのか、その原点を考えることは重要なのではないでしょうか。

営業をしていて感じるのは、相手に喜んでもらうことの大切さ。自分のことより、まずは相手のことを考える習慣を身につけることが先決です。ですから、メールも手紙も、一回読めば、スッと頭に入る文章がベスト。簡単なことは簡単に、複雑なこともできるだけ簡単に伝える。これが私のモットーです。

できてもやってはいけないこと、できなそうでもやらなければいけないこと、これで善悪が決まってしまう。

嫌な仕事にかかる時間は長く感じるものです。苦手な相手に電話をするのは腰が重いものですが、実際にはせいぜい1~2分ですみます。長くても5分に満たないでしょう。「電話をしたくない」という思いが、そのちょっとした仕事を、とても大きなことに思わせるのです。「たかだか数分だ」とわかれば、嫌な仕事でもさっさとすまそうと思えるはずです。

40代は軌道修正を迫られる時期。対応を間違えると30代で積み上げてきたものを一気に失います。

問題を正確に把握できさえすれば、自然とアイデアは出てくる。

私が接することの多い40~60代の方は、話の中に知らないこと、わからないことが出てきても、類推して理解することができます。しかし、大学生だと、類推する力が弱い。これは学力の問題ではなく、単純に人生経験の差によるものです。ですから、40~60十代の方と大学生とでは、当然、話し方を変えなければならない。

ページの先頭へ