ロバート・アレンの名言・格言|十兎を追い、三兎を得よ

私たちは、両親が私たちを育てていたころの世の中とはまったく違った社会を生きている。もし、孔子が現代に生きていたとしたら「二兎を追うものは、一兎をも得ず」ではなく「十兎を追い、三兎を得よ」とおそらく言うことでしょう。

ロバート・アレン の経歴

ロバート・アレン、米国、不動産投資家、コンサルタント、ビジネス作家。不動産や能力開発、ライセンシングビジネスのベストセラーを多数出版。主な著書に『ワンミニッツ・ミリオネア』『億万長者入門』『大富豪への道』『実践的オンラインマネー獲得法』『ナッシング・ダウン 成功への道・不動産投資』

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

いま、生産者同士の横のつながりの強化に注力しています。農家は独立した経営を行っていることが多く、農業コミュニティーの中で、ノウハウの共有といった横の連携は希薄でした。そこで当社が仲立ちとなり、特に品質が優れている生産者のノウハウをほかの生産者に伝えるといった取り組みをしています。

独立して最初はコンサルタントをやろうと思ったんだが、口だけで食えるほど甘くなかったね。自分の原点に帰ってものづくりをしよう、そういえばファッションにしても横浜ブランドは案外少ないな。というのが「横濱帆布鞄」の始まりです。

人が「無理だ」ということがビジネスチャンスでしょうね。あるビジネスアイデアに対して、「いいけど、それは無理だね」と10人くらいにいわれたら、「そのチャンスは完璧に私のものだ!」って思いますよね。ただ、誰もが無理だと思うことは、たしかに実現は難しいのです。ですから、考えに考えて、実現の可能性を探るんです。

記録するだけではなく、見返すことが大事です。学校の勉強でも予習と復習が大切だといわれています。でも社会人になると、みんな仕事の準備など予習はしても、振り返って反省するという復習はほとんどしなくなってしまう。しかし、自分の行動を時間を置いて見直すと、「自分はこういうことがやりたかったんだ」と再発見したり、「他にこういうやり方があった」と気づいたりすることがとても多いのです。

思い切った先行投資は経済的に余裕があるときでないとできません。大阪府東大阪市にある本キャンパス刷新の400億円は全て手元資金で賄いました。そういう意味では、ビジネス面での成功や、志願者数の伸びはありがたいですね。

新しい役員の選定にあたっては、変化を求めることが比較的好きか、そういうタイプを意識して選びました。

僕は身体能力が高いわけではないし、周りに比べて上手くないし、ヘディングも飛びぬけて強いわけじゃない。だから、どうやってこのチームで生き残るかを常に考えながらプレーしてきました。

私自身は、「受講生が立ち向かっている相手」を研究することに力を入れています。営業部門であればお客様や生産部門、新製品開発であればお客様や営業部門の、行動様式や価値観の変化を読むことが重要と考えています。

プレゼンにおいて、真剣さを相手に伝えるには、自分の気持ちをきちんと言葉にすることは大前提として、そのほかに2つのことが必要です。「相手にいい印象を持ってもらい、聞く姿勢になってもらうこと」「言葉に嘘がないと信じてもらうこと」です。

日頃から癖を直す努力が必要。本番だけではなく、普段から少しでも意識すると、変化が実感できます。

ページの先頭へ