山海嘉之の名言|私たちの未来はテクノロジーとともにある

このエントリーをはてなブックマークに追加

他の生き物と違って、人間はテクノロジーを手に入れました。環境を変えることで危機を乗り越え、自分たちが生物として進化する道を捨てたのです。この意味は大きい。私たちの未来はテクノロジーとともにあるのです。つまり、どのようなテクノロジーを創り出すかによって未来社会が変わってくるのです。だからこそ、若者には適切な未来の開拓者になってほしい。


山海嘉之 の経歴

山海嘉之、さんかい・よしゆき。日本の工学博士、経営者。ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」創業者。岡山県出身。茨城大学工学部卒業、筑波大学大学院工学研究科博士課程修了。筑波大学大学院システム情報工学研究科教授を務めながら、ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」を設立し社長に就任。ロボットスーツの普及に尽力した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は現在、北大で学生たちの助言役となる「フェロー」として、学生たちの学ぶ動機を刺激する取り組みを行っています。社会を経験している者として、自分が学生時代に学んだことが社会でどのように役に立ったか、働くとはどういうことなのか、人生の意味とは何か。先生では教えられないことを我々のような経済人が教えるのです。

時間あたりの生産性が課題。時間あたりの生産性を上げないと国際競争に勝てない。今は時間に対する生産性の意識を高めようと思っています。

人でやっていたものを機械で置き換えるという機械化、自動化での進化。これが生産性を高める大きなポイント。

過去の栄華にしがみついていると、高視に立って相手を見下したり、けなしたりしたがるものです。そうではなく、相手の良さを理解しながらも、これはちょっと危ないなと思えば指摘すればいいのです。若い人たちがどんどん活躍し、海外の企業と良い関係が築ける会社がもっと増えて欲しいというのが私の希望であり、目下の課題です。

信頼感を築きたいときは、「いつも」という言葉が効果的です。「いつもありがとう」「いつも仕事が速いね」とひと言挟むと、相手は「この人は自分のことを見てくれている」という喜びを覚えるでしょう。

問われるのは段取りの能力です。現場責任者の段取りがよければ、協力会社さんも無駄や手戻りがなくなるのでコストがかかりません。逆に段取りが悪いとコストが膨らみます。そこで、協力会社さんも現場責任者の仕事をよく見ていて、能力の高い責任者がいる場合、見積もりが変わったりします。「原価は生き物。人についてくる」、現場の人間にはいつもそういって、ハッパをかけています。

選手だけではなく、クラブの経営者がプロになる必要がある。

ページの先頭へ