山海嘉之の名言|SFから受けた影響

このエントリーをはてなブックマークに追加

欧米のSFのロボットが、人間を追い込んでいくものが多かったのに対して、日本の場合は友達や仲間という意識が強い。子供向けには「良いものは良い、悪いものは悪い」という、わかりやすい価値観でSFが製作されていた時代があり、人間観を育む上で良い影響を与えていると思います。


山海嘉之 の経歴

山海嘉之、さんかい・よしゆき。日本の工学博士、経営者。ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」創業者。岡山県出身。茨城大学工学部卒業、筑波大学大学院工学研究科博士課程修了。筑波大学大学院システム情報工学研究科教授を務めながら、ロボットスーツメーカー「サイバーダイン」を設立し社長に就任。ロボットスーツの普及に尽力した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

多くの笑顔を生む夢は、賛同する人が集まり、成功の確度が高くなる。利益だけを追求しているビジネスは、必ず限界が訪れる。

社長になって7年、ようやく経営も安定してきて思うのは、経営というのは慎重にやらないといけないということです。安易にお取引先や従業員を切り捨てるというのは、根本的に間違っているということに気がついたのです。そして、人と人の心のつながりを大切にすることがいかに大変でいかに重要なことかという、子どものころからの祖父の教えが、やっと実感として理解できるようになりました。

こだわりのモノは高くても買い、コモディティー(汎用品)は安く買いたいという2極化が進んでいる。特に食品分野は、その傾向が強い。

本当に売れる人になってくると、頭の中に膨大な量の在庫数が全部入っています。お客様の対話でほんの一瞬に、過去の自分の経験値に基づいて的確なご提案ができます。

目を通したビジネス書のなかで特に印象に残ったのが、「部下は上司の鏡」という言葉でした。その言葉の説明には、「部下が動いてくれないのは、上司である自分の言動に原因がある。部下にどうこう言う前にまずは自分を見つめなおすべきだ」と書いてありました。この言葉に照らして考えてみると、生徒が集中して練習に取り組んでくれないのは、私が立てた練習メニューに原因があることに気付きました。

世間から褒められるだけの優等生には、破壊的イノベーションはなかなかできない。

以前から、時間がある限り社外の人と交流する時間を作るようにしています。人から直接聞いた「一次情報」に勝るものはないからです。

ページの先頭へ