寺田和正の名言|物の時代から事物消費の時代へ

これまでは「物」の消費でした。しかしこれからはゴルフや旅行という「事」に「物」が結びついていく「事物(こともの)消費」に移っていきます。そこで大事なのは「楽しさ」で、その演出をどうしていくのかという時代が来ました。

寺田和正 の経歴

寺田和正、てらだ・かずまさ。日本の経営者。ファッションブランド「サマンサタバサ」創業者。駒沢大学経営学部在学中、カナダへ留学し、革ジャンパーや毛皮などが観光客に人気なのを知り、日本人向けのサイズに直し販売するビジネスを手掛ける。駒澤大学卒業後、貿易会社野村貿易に3年勤務し、貿易の実務を経験。その後独立し、25歳で海外ブランド輸入代理会社を設立したのち、独自ファッションブランドを展開するサマンサタバサジャパンリミテッドを創業。同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

営業マンに必須の笑いのスキルは表情とリアクションです。緊張しているせいかお客さんに値段のことでツッコまれたり、値切られたりすると引きつった硬い表情で「それは厳しいです」と言ってしまう営業マンをたまに見ますが、お客さんも言うだけ言ってみようという人も多いので、こちらもマジに返すより、笑顔で「うわぁ~、そこですか~。厳しいな~! ハハハ」と笑いながら言えばいいのです。ついついシビアな話には真顔になったり、声のトーンが下がったりしがちですが、それは逆効果で、陰は陽で返すことをお勧めします。私はこれで何度も厳しいシーンを乗り切りました。

日本企業が中国市場で成功するには、中国市場の激しい変化に対応するために、経営の意思決定のスピードを速くすること。最終決定を下す社長こそが現場に行き、現場を知ること。そして中国市場に合った効果的な宣伝と販売促進を行うことです。どんなブランドイメージで、店頭でどう販売すれば売れるのかを徹底的に研究することが必要です。

脳は人間の活動の原点です。人の習性をうまく採り入れることで、脳が心地よく感じる設計やデザインが可能になる。

私の力など微々たるものです。幸い、私は創業者のアーリン・パーションに始まり、二代目で現会長のステファン、三代目で現CEOのカール・ヨハンと、創業家三代と仕事をする立場に恵まれ、彼らから多くのことを学びました。リーダーについての考え方も、彼らから非常に大きな影響を受けています。

自分が成長したいという気持ちもありますが、会社からこのブランドを託されて報酬を得ているからには、それに値する実績を出さなくては、と強く思ってきました。そういう使命感があるから、努力を続けてこられたのだと思います。

誰でも「今やっている仕事を、自分の好きなやり方とペースでやれる」ようになれば、モチベ-ションも自然に上がりますよね。この自由を獲得するために、私たちは仕事を前倒しして、ためこまないようにするのです。

一般の日本の組織は協調性を大事にしすぎている。「能ある鷹はツメを隠せ」が当然の処世術になっている。協調性を重んじるばかり、ルールを尊重しすぎなんです。

男性ホルモン値は時間帯でも上下し、朝は一日のうちで最も高くなります。男性ホルモン値が高いと、集中力が増し、決断力が上がって、ビジネスを成功に導きやすい。だから重要な決断は、朝のうちにすることをおすすめします。

日本は資源も資本も乏しくて、人口のみが多いから生活は豊かでない。それらの人たちの生活をどうして豊かにするかは、事業に携わる者の責任だ。

ときにはそれまでよく知らなかった人や、関わりのなかった分野の相手を取材することもあります。そのような場合でも「絶対に興味が持てる何かがあるはずだ」と思うことから始めるようにしています。人は千差万別で、必ず自分とは違う部分を持っています。

素の自分で勝負しても勝てないと感じ、どんな仕事内容、どんな役職であっても、それにふさわしい人物像を自分なりにイメージして、そのイメージと実態が一致するまで、足りない部分を補う作業は当然ですが、そういう人を「演じ続ける」という事を繰り返してきた結果、今までの自分には到底出来なかった事が出来るようになり、性格までもが変化していったと思います。

私は実力をつけなければならなかったため、より多くの仕事をした。

エンターテイメント性がお客様の心を動かす。

ページの先頭へ