寺田和正の名言|物の時代から事物消費の時代へ

これまでは「物」の消費でした。しかしこれからはゴルフや旅行という「事」に「物」が結びついていく「事物(こともの)消費」に移っていきます。そこで大事なのは「楽しさ」で、その演出をどうしていくのかという時代が来ました。

寺田和正 の経歴

寺田和正、てらだ・かずまさ。日本の経営者。ファッションブランド「サマンサタバサ」創業者。駒沢大学経営学部在学中、カナダへ留学し、革ジャンパーや毛皮などが観光客に人気なのを知り、日本人向けのサイズに直し販売するビジネスを手掛ける。駒澤大学卒業後、貿易会社野村貿易に3年勤務し、貿易の実務を経験。その後独立し、25歳で海外ブランド輸入代理会社を設立したのち、独自ファッションブランドを展開するサマンサタバサジャパンリミテッドを創業。同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

業務を効率化する何よりも大きなメリットは、社員が本当に大切な作業に集中する時間を増やせること。私たちにとって最も大切なのは、圧倒的に差別化された商品と、その特徴を消費者目線で分かりやすく伝えること。そして、顧客に親切で丁寧なサービスを提供し続けること。そのための時間を生み出せたのです。

岩崎裕美子の名言|業務を効率化する最大のメリット


短期的な利益を求めるのではなく、お客様の信頼を得る。それが何より大切なことだと思います。

相澤賢二の名言|短期的利益より、お客様の信頼が大切


私はJALを「普通の会社」にしたかった。それは、30年前からずっと考え、思い続けてきたことです。
【覚書き|官僚組織化していた同社の再建で、聖域なきコストカットを実行した際に語った言葉】

西松遥の名言・格言|JALを普通の会社にしたかった


現代はブランドに加えて、戦略的かつ多角的な、広義の広報が必要な時代。

東英弥の名言|現代は広義の広報が必要な時代


当社の経営理念は、「社員、お客様、仕入れ先、株主といった関係者との共生」です。売上の7割を占めていた契約の打ち切り話が飛び込んできたときも、社員を減らすことはせず、むしろ全員の前で「このようなピンチは滅多に起きない。乗り切るころには、素晴らしい経験になる。成長のチャンスに辞めるのはもったいない」と話しました。

高橋忠仁の名言・格言|経営危機こそ成長のチャンス


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ