青木功の名言|体力がなければいい仕事はできない

サラリーマンも同じだと思うけど、体力がなければいい仕事はできない。

青木功 の経歴

青木功、あおき・いさお。日本のプロゴルファー。千葉県出身。14歳のころキャディのアルバイトをしたのをきっかけにゴルフと出会う。中学卒業後、東京都民ゴルフ場にキャディとして就職。我孫子ゴルフ倶楽部、飯能ゴルフ倶楽部を経て、プロテストに合格。世界4大ツアーで優勝するなど、通算85勝。国内賞金王5回。日本男性初の世界ゴルフ殿堂入りを果たした。シニアツアーに参加し現役を続けた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は会社を、「社会に対して最も効率的に経済価値を提供するための仕組み」だと捉えています。すべてのベースにあるのは社会であり、会社は社会という土台の上に乗るサブシステムにすぎません。それは、資本主義や資本市場についても同様です。

求められる人材の4つの条件

  1. 「情報への感度」、つまり情報への好奇心があること。多種多様なお客様のビジネスに好奇心を持てるか、お客様を好きになれるかということ。
  2. 「柔軟な発想」ができること。
  3. 「決断力」があること。ビジネスをやっている以上、どこかで判断を下さなければなりません。
  4. 「行動力」があること。せっかくいいアイデアを思いついても、そこで止まっていてはビジネスになりません。

才能があるからできるのではありません。与えられた課題を、人より多く練習するからできるようになるのです。

小学生の頃、早くできた人から先生に提出する計算問題のテストがありました。1番に済ませようと必死に問題を解いた結果、高い持続力を生み出す原動力になりました。

当社は全員が正社員です。安心して永く働いてもらいたいし、責任ある仕事につながると考えているからです。給料は業界水準より厚くしています。

Facebookなどのツールを生かす一方で、アナログなコミュニケーションも大切にしています。そのいい例が、年賀状です。知り合って時間の浅い人でも、年賀状は「新年のごあいさつ」という大義名分のもと、不審がられずに受け取ってもらえます。何より「わざわざ出してくれたんだ」と思うとうれしいじゃないですか。そこからまた新しいつながりが生まれたりします。

人間、慣れてくると、それほど驚かなくなるもの。

企業理念という「共通言語」を理解してもらいつつ多様な人材を適所に配置して育てていくためには、直接対面し、直接対話をして、コミュニケーションを深めていくことが不可欠です。

自分の失敗すべてから教訓を学ぶには長い時間がかかる。物事には二面性があるとよくいうが、相場ではたた1つのことがあるだけだ。強気か弱気かでもはない。正しいか否かということなのだ。明白なのは強気相場では強気筋、弱気相場では弱気筋になれということだ。

働くのも人生の一場面ですから、「おかげさまで」と言われるような働きをしていこうと話しています。その働きがひいては自分の人生を充実させることになります。

ページの先頭へ