永守重信の名言|「努力」というのは、チャンスをかぎ分ける嗅覚を身に付けるためのものでもある。

「努力」というのは、チャンスをかぎ分ける嗅覚を身に付けるためのものでもある。

永守重信 の経歴

永守重信、ながもり・しげのぶ。日本の経営者。「日本電産」創業者。京都府出身。職業訓練大学校(のちの職業能力開発総合大学校)卒業後、日本の音響機器メーカーのティアック、機械メーカーの山科精器を経て、日本電産を創業。社員3人とともに会社をスタートさせ、同社を世界シェアトップ製品を持つ会社に成長させた。また、数十社の経営再建を成し遂げた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

僕は才能がない人間の最たるものだから、「できない自分がなんとかいっぱしになるためにはどうすればいいか?」とずっと考えてきたんです。その結果たどり着いた結論は、「飽きずにコツコツしかない」ということだった。だから誰よりも多く、誰よりも早く絵コンテを切るよう自分に課したんです。

富野由悠季の名言|才能がない人間がいっぱしになるには


「できない」「もうこれでいい」「やるだけやった」と言うな。「これでもやり足りない」「いくらやってもやり足りない」と思え。一心不怠に努力すれば、努力した分だけ必ずよくなる。

大山梅雄の名言・格言|一心不怠に努力すれば必ず良くなる


社会というところは、短期間に見ればアンフェアなところもある。しかし、長期的に見ればフェアなものだ。それだけに努力さえしていれば、必ず誰か一人は見ていることを忘れるな。

紀田順一郎の名言|長期間努力を続けることの重要性


自分の経験を振り返って思うのは、「最大の苦手科目は、最大の得意科目になり得る」ということです。なぜなら、苦手意識があるからこそ、人は意識的な努力を積み重ねるからです。

山本真司の名言|最大の苦手科目は、最大の得意科目になり得る


苦しむこともまた才能の一つである。

ドストエフスキーの名言・格言|苦しむことも才能


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ