ロバート・アレンの名言・格言|タイムマネジメントで重要なことはNOという言葉

時間管理、タイムマネジメントのための最良の道具は「NO」という言葉です。他人の仕事を引き受ける際には十分注意が必要です。NOという言葉を好きになりましょう。

ロバート・アレン の経歴

ロバート・アレン、米国、不動産投資家、コンサルタント、ビジネス作家。不動産や能力開発、ライセンシングビジネスのベストセラーを多数出版。主な著書に『ワンミニッツ・ミリオネア』『億万長者入門』『大富豪への道』『実践的オンラインマネー獲得法』『ナッシング・ダウン 成功への道・不動産投資』

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

なによりお客様第一。お客様の様々な業務フォローの中に、たとえば、当社のアペオスを組み込むとします。その場合、客先の業務フローをよく理解しなければ意味がありません。ITに関する相当な知識が必要なのです。

シェアを奪うのではなく、市場を創るのが当社。常に新しい価値を提供すれば問題ない。

監督、選手だけでなくスタッフを含め一丸とならなくては勝てるチームはつくれません。そこで個々のスタッフの役割を明確にして、任せるべきことは任せました。一人一人を責任あるポジションに置けば「自分はこのチームに貢献している」という意識を持ち、チーム全体の一体感も高まるだろうという期待からです。

全体最適のうえで、上司の指摘は聞き入れるべきではないケースもある。その場合、上司に論理的に説明し理解を得る訓練をすれば、経営判断力や胆力の養成につながります。

そもそも、あらゆる制度、システムには寿命、あるいは有効期間があると思います。よく制度疲労などと言いますが、私はそういう言葉で表現されるようなものではないと感じています。制度疲労というのは、ある制度やシステムの効果が時間とともに薄れてくるというイメージでしょう。

昔の話ですが、ある時期、僕は昔の、デビューの頃の楽曲を、一切歌いたくないと言って、実際歌わなかった時期があったんですね、30代の頃。そんなことさえもばからしい。別に自分が作って、自分が育てた曲なんだから、別にどの曲でも歌えばいいじゃないか。

過去や未来を想像できる人間にとって、チンパンジーのように今に集中するのは難しい。だから時間を管理し、今に集中できる状態をつくる。人間ならではの能力を生かしてチンパンジーのように生きる。それが、私の理想です。

本は通勤時に電車の中で読んでいました。そのために、わざわざ職場まで電車で1時間はかかる郊外に家を買いました。始発だとまず座れますから、本を読みやすい。帰宅時も必ず途中で空いてきて座れるので本が読めました。

失敗や挫折はあくまで行為であって人格を否定するものではない。切り離して考える必要がある。過剰に自分を追い込む人は、そこが分けられず「自分はダメだ」「どうせオレは」と自己否定する。それではいつまでたっても断ち切れない。

会社の外の空気を吸うことで、会社だけが自分の世界ではなくなります。積極的に外に出ることが、自分が独立した存在であるというアイデンティティの確認につながるのです。

ページの先頭へ