田中健介の名言|一強を目指す志と情熱が無い限り、サバイバルも難しい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

一強を目指す志と情熱が無い限り、サバイバルも難しい。


田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

臆病者は本当に死ぬまでに何度死ぬかわからぬが、勇者はただ一度しか死を味わわない。

人を使った経験のない若手の将来性を見抜くことは基本的にはできない。マネジメントカがある程度分かるのは、人を使った経験のある部長および課長クラスである。

人間は不景気になるとモノを考えるようになる。これまでイケイケドンドンで何も変えてこなかったツケがいま回ってきて、「天下りはおかしいんじゃないか」「憲法もおかしいんじゃないか」という議論が出てきた。「仕事バカ」という人生についてもきちんとモノを考えてみれば、その寂しさに気づけるはずだ。

理念に基づいて、いまの時代に社会から求められる有益な価値とは何かを考えていく。このことによって、高い企業品質が実現すると考えています。

失敗したら、また挑戦すればいいんです。転んでもただでは起きあがらない。失敗こそ成長するチャンス、そう考えれば、何事も恐れずにいられます。

ほとんどの日本人は、他人より1点でも多く点数をとれば、それだけ幸せになれるというバカげたことを本気で信じ取り組んでいる。

提案はタイミングもとても重要で、私は「報告をするついで」が一番だと思います。本題の報告を終えたあと、「ところで、まったく関係ない話なのですが」と切り出す。報告を受けて、聞く態度ができているところに自然と提案できるわけです。

ページの先頭へ