田中健介の名言|一強を目指す志と情熱が無い限り、サバイバルも難しい。

一強を目指す志と情熱が無い限り、サバイバルも難しい。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

仕事そのものが大好きという人はいないというのが僕の持論。その仕事のおかげで「人に喜んでもらえる」「ご褒美がもらえる(評価、お金、栄誉など)」「自分の可能性を広げられる」「自分が楽しい」という4つの要素が欲しいからこそ、モチベーション高く仕事に打ち込めるのではないかと思うのです。

やりたくない仕事をしないためには、やりたい仕事を自分で作ることが肝心。

Bizer(バイザー)の内容は私自身が起業時に経験した悩みや不満を形にしたものなので、同じ悩みを抱える起業家・経営者も多いと考えています。

経営者ばかりが、セミナーとかでブランディングについて勉強 していても、それと同じレベルで社員も勉強しないと、チームと してはうまくいかないですね。会社のロゴとか印刷物だけを変えてブランドらしく仕上げることはできても、中身が変わらないですしね。社員の意識とか組織体制、あとはそれこそ社長の性格とか。

すべての革命は、一人の人間の心に思い付かれた、ひとつの思想に他ならない。

検事としての振り出しは札幌でした。特捜部で汚職を摘発しようという志とは裏腹に、自分が処理しなくてはならないのは、警察からまわってくる無銭飲食とかコソ泥といった小さな事件です。しかしそこにはさまざまな人間のドラマがあります。人間って面白いな、人にはいろいろな生き方があるものだ、と勉強になりました。そう思うと、どんな仕事にもやりがいはある、と考えられるようになって、与えられた仕事を通して自分の糧にしていこうと思うようになりました。

1年間無収入でも生活できる程度の貯金するといいでしょう。いまは雇用状況が厳しいですが、選り好みをしなければ1年くらいで再就職先や転職先が見つかると仮定して、とりあえずは、その間の生活費があればいいのではないでしょうか。

私たちが当然なすべきことをなすは称賛に値しない。なぜならば、それを行うことは私たちの義務だから。

初対面の人にはとにかく色々な質問をしてみること。とかく自分の話ばかりしがちですが、相手を知るということが、相手を説得する場合でも大前提になる。

脳の活性化に適した運動とは、適度な有酸素運動です。たとえば、30~40分くらいのウォーキングがお勧めです。ジョギングをするなら、負荷をかけすぎずに、息が苦しくならない程度に走るのが良いでしょう。脳の活性化を目的とするなら、脳に十分な酸素を供給する必要があります。

ページの先頭へ