田中健介の名言|一強を目指す志と情熱が無い限り、サバイバルも難しい。

一強を目指す志と情熱が無い限り、サバイバルも難しい。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

フォルクスワーゲンはバリューチェーンの価値を高め、人材を育成し、適切な商品を導入し、それを積極的に宣伝するという4つの方策をその国の文化やお客様のレベルにアレンジしながら推進していった結果として、販売台数が増加しているのです。

マクロで見ると、労働市場に過剰な規制がかけられていると、企業を起ち上げるのが困難になり、結果として、起業家育成の土台が阻害されてしまいます。雇用創出力の増大には、そうした小さな企業の立ち上げが一番寄与できるにもかかわらず、です。一国の経済を活性化させるには、やはり起業家、特に若手起業家の育成が非常に重要だと思います。

建設業者としての経歴が私にビジネスを運営し拡大する基礎と、徹底を追求する性向を与えてくれた。建築には妥協を許さない完全性が求められる。急造の建築物がどうなるかを、私たちは世界各地の地震をはじめとする災害現場で見てきた。私は人々の安全と幸福を危険にさらすつもりはない。もし私が細部へのこだわりで知られているとしたら、それが一つの理由である。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では不動産グループの統括責任者として約80人の社員を率いていました。50歳になる前に、より大きな組織を運営する立場に就きたいと思いCBREによる社長の募集に手をあげました。

昨日の延長で駄目になったのだから、新しいことをやらないと。何をするか、ということは需要創造するしかないと。

物事それぞれに最もふさわしく対するのが中庸の本質です。怒るときには怒り、笑うときには笑う。悲しむときには思い切り悲しむ。つまり「自然体」であることが中庸の精神なのです。

お客様は常に変化しています。だからこそ、その変化を素早く把握して、自らも変わっていくことが重要なのです。

加盟店がクレーム対応に苦慮していたころ、責任者が事務フロアで話し合っていたので、とりあえず会長室へ呼びました。すると、あれこれ言い訳を始めたものだから、むかついてきましてね(笑)。ちょっとテーブルの脚を蹴って、「いまから東京へ行け!泥の橋が壊れる前に渡れ!」と命じたのです。答えはすべて現場にあるからです。現場を見て実態を把握しないと、どうしても社内だけで自分の都合のいいように処理してしまうでしょ。そうならないように、自分の目で確かめていらっしゃいよと言ったわけです。

一緒に仕事をしたいと思わせる巻き込み力のある人は、やはり人として魅力的ですよね。そういう魅力は、実務知識や専門知識、技術や技能などのテクニカルスキルを磨いていても身につきません。リーダーシップや折衝力や実行力といったヒューマンスキルを磨く必要があります。

価格が高い中でさらにシェアトップという状況ですから、適性な利益が出ています。インドのコンシューマーエレクトロニクス業界ではソニーは圧倒的ナンバーワンになっているのではないでしょうか。
【覚書き|インドで液晶テレビブラビアがトップシェアを取ったときの発言】

ページの先頭へ