田中健介の名言|かなり先まで読んでから決断する

私は衝動的に命令せずに、熟慮と段階的な予測をして、かなり先まで読んでから決断します。

田中健介(経営者) の経歴

田中健介、たなか・けんすけ。日本の経営者。外国人向け賃貸仲介会社「ケン・コーポレーション」創業者。愛媛県出身。早稲田大学第一政経学部卒業後、時計バンド製造販売の「マルマン」、外国人向け賃貸仲介会社を経て「ケン・コーポレーション」を設立。富裕層向けの賃貸仲介、ホテル事業などを行い同社を成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

モーターと制御という中核を外れなければ、敵ではなく仲間が増える。怖いものはない。

お客様に還元するために、今後も企業努力を続けるのはもちろんですが、これからは、サービスが売りになる時代です。当社らしい独創的な付加価値をつけて、どこまで商品化していけるか、とことん追求していきたいです。

色々なことを言われるのは、意識していただいているということ。

時間をかけさえすればいいと勘違いする人に対して、私は練習の中身と質を見直すべきだとアドバイスしたいというのも、いくら時間をかけたところで向上につながらない練習があるからだ。

日本発ではなく各エリア発でニッチトップにならなければ、本当のグローバル化ではありません。そのため、いままさにグローバル化のセカンドステージを歩もうとしています。

心に物(悩みや迷い)なきときは心広く、体やすらかなり。

なぜアイコンタクトが大切なのか。それは相手を見ないと深いコミュニケーションができないからです。そのためには、相手と呼吸を合わせなければなりません。自分の呼吸に合わせてうなずいてくれるから、もっと話したいと思うのです。あなたもそっぽを向いている人に話しかけるのは嫌でしょう?お客様のことを本当に考えているのであれば、笑顔でしっかり目を見て、呼吸を合わせてうなずくことです。

現状を把握できていなければ、軌道修正もできなくなる。

「継続は力なり」で、物事は続けることで上達し、効果が出る。

お客様に付加価値ある商品群を提供し続けることが大切です。JTはもっとイノベーティブな組織にならなければならない。

ページの先頭へ