松下幸之助の名言|何年も同じことをやっている会社は落伍してしまう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

何年も同じことをやっている会社は落伍してしまう。


松下幸之助 の経歴

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。「松下電器産業(のちのパナソニック)」創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

鉄道の場合、「安全」と「信頼性」を極めることが最終的な課題であることは、今も昔も、これからも変わりません。

自分の仕事に直接関係あるかないかを問わず、言葉遊びの感覚でネタ出しのトレーニングを楽しんで続けると、必要なアイデアをキーワードからサッと取り出せる企画脳になっていきます。

グローバル企業の「グ」の字も経験したことのない人たちを集めて、いきなりグローバル戦略を描きなさいと言ったって、それは描けなくて当たり前ですよ。

「時間がない」という口癖の人がいますが、みんな時間がないのが大前提で、その中でどうするのかが仕事なのです。逆説的ですが、時間がないというのは、「終わりの時間がない」っていう意味もあると思うんです。終わりの時間を決めず、延々と仕事をするから永遠になる。だから時間がなくなる。「どんなに遅くとも7時に帰る」って決めてしまえば、その中でどうするかをちゃんと考えますからね。「まだ時間がある」と思ってダラダラ仕事をしているとメリハリもないし、締まりもない。だったら「今日からうちの部は全員6時に帰ります」ってしちゃったほうがいいんじゃないでしょうか。給料は変わらなくても労働時間が短くなるから、実質時給も上がります。

業種・分野を超えたネットワーク組織「なにわ名物開発研究会」を立ち上げ、私が代表幹事に就任しました。最初に協力してくれたのは、商売をやっている人はもちろん、大阪にこだわりのある方とか、まちづくりに力を入れている方など。今では会員数が70を超えています。「名物開発研究会」とはいえ、大阪みやげの開発ばかりをやっているわけではありません。大阪はまちそのものが「名物」です。だから、まちづくりについても考えるのです。

経営改革が奏功し、財務体質の強化という目標は達成しました。そして次の3年間で環境整備を含め、もう1度、会社の強みと弱みを振り返りました。それで強くするところは強くし、弱いところや足りないところは少し人並みにしていこうと。

私はよく、お金の使い方について、「W:欲しいもの(WANT)」「N:必要なもの(NEED)」「C:変化を起こすもの(CHANGE)」この「WNC発想」で考えることを勧めています。この三つを満たすものに優先的にお金を使うのです。

ページの先頭へ