孫正義の名言|志を持て。それも出来るだけ高い志を。

このエントリーをはてなブックマークに追加

志を持て。それも出来るだけ高い志を。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

若いコンサルタントたちに「人が2時間考えることなら、4時間考えろ」と、よく言っています。追い詰められて2時間も3時間も考え抜けば、何かひねり出せます。十分に考えないまま情報収集に走る人が多いようですが、経験が少なくても、本気になって考え尽くせばより本質に近い答えを出せるものです。

わが社にとってバブル崩壊は思いがけない僥倖でした。なぜかというと、バブル崩壊による企業の雇用抑制で、これまで採用がむずかしかった優秀な人材がどんどん入ってきてくれるようになったからです。駅前の立地も空き店舗が増えて借りやすくなりました。これも運といえば、運だったのかもしれません。ずっと一所懸命やってきたから、誰かが追い風を吹かせてくれたのでしょう。

トップ自らが謙虚になって、相手の長所を学ぼうという姿勢がないとダメだと思う。確かに、過去に同じような経営統合が成功した例はないと思っている。これから新しいものを作っていくという気持ちでやっていくほかない。

人生のすべてを出し切って、自分にしか書けないものができた。だから本当に、これが売れなかったら路頭に迷っていましたね。
【覚え書き|山田風太郎賞を受賞した小説『罪の声』について】

リーダーが確信を持って強力なメッセージを出し、着実に実行する体制でなければ、危機を乗り切ることはできない。

自分の時間と能力をひとつの事業に集中することだ。その事業が成功するか、または破綻したことがはっきりするまで、別の事業に手を出してはいけない。何事もひとつのことに集中して努力しなければ成就しない。多くのプロジェクトを抱えていると、集中力が分散するため、ひとつの事業をやっている時間なら絶対見逃さなかったようなチャンスを逃してしまう。

お客様は、こちらの手間を見抜き、手間がかかっていない商品やサービスにはお金を払わない。「手間をかけることの大切さ」に社員一人ひとりが気づくことが、お客様から愛されるブランド構築の基。

ページの先頭へ