吉田幸弘の名言|部下の良い点を認める

どんな部下にも必ず良いところがあります。「日報だけは毎日きちんと書く」「メールの対応だけは早い」といった程度のことでかまわないので、まずはそこをねぎらってください。

吉田幸弘(コンサルタント) の経歴

吉田幸弘、よしだ・ゆきひろ。日本の人財育成コンサルタント。「リフレッシュコミュニケーションズ」代表。東京出身。成城大学卒業後、大手旅行代理店、学校法人、外資系専門商社、広告代理店などを経て独立。著書に『部下のやる気を引き出す上司のちょっとした言い回し』『部下がきちんと動く リーダーの伝え方』。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「このままではまずい。まともな人間になろう」。そう本気で誓った人間は逆に信用できる。

遠藤一平の名言|「このままではまずい。まともな人間になろう」。そう本気で誓った人間は逆に信用できる。


社内の人間だけでやっていると、組織のヒエラルキーの中で上司から社長、時には社長の奥さんまで次々口を出してきて、尖ったものは作りにくい。ならば、「外部の人」をリーダーに据えてはいかがでしょう。その外部の人に権限と責任を与え、各部門への十分なヒアリングを行う。すると現場からトップまでがその人のディレクションに従い、コンセプトの一貫性を持ってプロジェクトが進む。

高橋智隆の名言|尖ったものをつくるには外部の人をリーダーに据える


会社の再建において赤字事業の整理は基本中の基本です。それなのに、多くの経営者がなかなか整理に踏み切れない。その大きな要因は経営者の覚悟にあります。赤字事業を整理すれば、先輩経営者の功績に傷をつけかねない。自分の実績を否定する可能性もある。こう思い、多くの経営者が不採算部門のカットを大胆に進められないのです。

奥田務の名言|多くの経営者が赤字事業の整理に踏み切れない理由


答えを導く考え方を身につけるためにはそれなりの訓練が必要ですが、日本企業がいま一番求めているのは新しいことを考えられるクリエイティブな人材。努力して考える力を身につければ、一気に抜きん出られるはず。今ほど考える力が役に立つ時代はないのではないでしょうか。

山本真司の名言|努力して考える力をつけることは割に合う


優先順位が一致しない時の考え方はこうです。「エヌビディアがやりたいこと」ではなく「エヌビディアがやるべきこと」を選ぶのです。

ジェン・スン・ファンの名言|「やりたいこと」ではなく「やるべきこと」を選ぶ


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ