ロバート・アレンの名言・格言|従業員なしでできる経営を行え

私は声を大にして言います。従業員を必要としないビジネスを選びましょう。そうすれば、雇用にも解雇にも頭を悩ませる必要はないのです。人手が必要になった時は、外注すればいいのです。

ロバート・アレン の経歴

ロバート・アレン、米国、不動産投資家、コンサルタント、ビジネス作家。不動産や能力開発、ライセンシングビジネスのベストセラーを多数出版。主な著書に『ワンミニッツ・ミリオネア』『億万長者入門』『大富豪への道』『実践的オンラインマネー獲得法』『ナッシング・ダウン 成功への道・不動産投資』

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

女性たちに気持ちよく役職を引き受けてもらうためには、「リーダーとして引っ張る」という文脈ではなく、「サポーターとして面倒を見る」という話法が有効です。具体的には「みんなの仕事が円滑に進むように下支えしてほしい」「部全体に目を配って働きやすい環境を整えてほしい」といった依頼の仕方。これであれば、女性も引き受けやすくなります。

パイロットを辞めて経営に加わることになったとき、私は自分の仕事人生に区切りをつけました。新たなステージに進んでいくのだから、過去の経験を引きずるのはやめようと思ったのです。私は写真など思い出の品をすべて捨てました。これからは経営をやっていくんだ、と気持ちを新たにするためです。

評価は他人がするものだ。

なんの保証もなかったけど、根拠のない自信だけはあった。
【覚え書き|ミュージシャンの道を選んだ当時を振り返っての発言】

1980年代末、米鉄鋼大手USスチールとの合弁事業の交渉に、神戸製鋼所側のサブリーダーとして参加しました。当時、自社の技術力や設備に絶対の自信を持っていたUSスチールとの交渉は難航し、席を蹴ってみようかと思ったこともありました。それでも1年の間に日米間を28往復もしながら、こちらの主張を粘り強く伝え、相手の主張にも耳を傾けて議論を進めました。意見がぶつかり合ったときには、単に「ノー」と拒否するのではなく、「それはフェアだと思いますか」と繰り返し相手に問いました。そうしていくうちに隔たりは徐々に埋まり、最終的には合意に至りました。テーブルを挟んで交渉した先方の幹部とは、その後も長く親交が続いています。

何が正しくて、何が間違っているかというのは、分からないことでもありますが、変化が激しい時代において経営者として、5年、10年といった長期的な視点で、どうあるべきかと考えてやっていました。

世界中を見てみると、冬でも多くの人を集めているイベントはたくさんある。フランスのリヨンでは、4日間で400万人もの人が集まるライトアップイベントがあると知り、早速現地へ見に行きました。そして我々もこの企画にチャレンジしようと決めました。

評価されたければ評価される形を自分で作らなければならない。評価のものさしは、自分ではなく他人が持っているものですから、相手のものさし、相手がどういう事実を見たいと思っているかを理解しなければならないのです。

やりたいことを明確にしたら、そこから導き出される必要金額(預金総額)と、貯める期限を決めてしまいましょう。私が勧めているのは、生活費の1から2年分の貯金を目標として定めることです。一家で年350万円使っているなら、350万から700万円が預金額の目安となります。そのくらいが節約によって2から3年で貯めることができ、また使い出のある金額だからです。預金総額を決めたら、そこから月々の預金額を割り出し、支出をそれに合わせて抑えていきます。

それまでの長い低迷期の間、指導者や選手たちが頑張っていなかったかといえば、そんなことはありません。十分頑張っていたはずです。にもかかわらず低迷が続いているということは、頑張り方が間違っているのだと私は考えた。指導方法のどこが間違っていたのか。それは、それまでの監督やコーチが選手に対し「怒る」「教える」「やらせる」という指導をしていたこと。

ページの先頭へ