孫正義の名言|困難に出会った時は全て正面突破

このエントリーをはてなブックマークに追加

困難に出会った時は全て正面突破。


孫正義 の経歴

孫正義、そん・まさよし。日本の経営者。ソフトバンクグループ創業者。佐賀県出身。カリフォルニア大学バークレー校経済学部卒業。大学在学中にゲーム輸入事業を行う。大学卒業後、日本でソフトバンクの前身であるユニソン・ワールドを設立。ソフトウェア卸業で成功を収める。その後、インターネットプロバイダ事業、携帯電話事業などに進出した。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

決算書の中の「予測」や「計画」といった数字は、企業側がいかようにもつくることができます。ここを前年度に比べて悪くする企業はほとんどなく、現状を判断する材料には使えないと考えてよいでしょう。

やらせてみてからでは遅いので、なるべく先手を打って適材適所を図らなくてはなりません。個人面接には、そういう意味もあるのです。
【覚書き|毎年社長自ら課長全員と面接していることについて語った言葉】

人の行動を見る方がいい。行動は嘘をつきませんから。例えば仕事を頼んだ後、その人が席に戻って、何をするのかじっと観察します。すぐに動かなかったら、仕事に興味がないとわかる。

営業マン時代、私が心がけていたのは、「できるだけ上の人に会う」ということです。担当者ベースだと、なかなか仕事が決まらないからです。不思議なことに、同業他社の年配の営業マンが取引先の上の人を紹介してくれたりして、大きな仕事を決める機会が増えていました。相手の懐に飛び込むことが、わりあい得意だったのでしょう。
【覚書き|家具製造会社マルイチセーリングで営業をしていた時代を振り返っての発言】

食品だけでは競合他社に必ず真似されますが、絶対に真似されないような仕組みを作ります。

いま、いろいろな意味で、成果主義が話題になっています。私は欧米流の実力主義を否定はしませんが、報酬以外の要素を軽視しすぎると、手痛いしっぺ返しを食らうのではないかと心配でなりません。ボーナスだけで社員の働きに報いるような単年度成果主義では、いずれ行き詰るでしょう。

会社というのは、社長の器通りにしかならない。本業以外の情報を得たり、付き合いを広げることは、器を大きくすることになる。

ページの先頭へ