ロバート・アレンの名言・格言|複数収入の流れを持つことは賢い

1950年代に一家族が生きて行くのに必要とされた収入源は一つだけです。今日、たった一つの収入源で生活していける家族は滅多にありません。将来を予測するのはますます難しくなっています。ですから複数の収入源を持つことはとても賢明なことなのです。

ロバート・アレン の経歴

ロバート・アレン、米国、不動産投資家、コンサルタント、ビジネス作家。不動産や能力開発、ライセンシングビジネスのベストセラーを多数出版。主な著書に『ワンミニッツ・ミリオネア』『億万長者入門』『大富豪への道』『実践的オンラインマネー獲得法』『ナッシング・ダウン 成功への道・不動産投資』

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

人を褒めるのが苦手な人がいる。損な人だと思う。損なタイプはふたつある。ひとつは「やって当然」「できて当たり前」と考えるタイプ。挫折を知らないエリート管理職にこのタイプが多い。もうひとつはひたすらシャイなタイプ。恥ずかしくて言葉に出して褒められないというタイプだ。前者のタイプの管理職は部下を褒めるのも仕事の内と心得て褒め方を学んでみる。後者のタイプは役者になったつもりで多少大げさに褒める練習をしてみるといい。

弘兼憲史の名言格言|褒められない人は損をしている


チームで動こうとするときに見られる典型的な3つの行動パターンがある。やるべきことを理解して積極的にチームを引っ張るタイプ。とにかく言われたことだけはちゃんとやろうとするタイプ。できればやりたくないと思っていて、やたらに不満を述べ立ててチームの足を引っ張るタイプ。一見するとチームをまとめる上で一番厄介なのは3番目のタイプのように見える。しかし、不満があると言ってくれればそれを解消する方法を考えることができる。

弘兼憲史(島耕作)の名言格言|チームメンバーの3つの傾向と対策


能力とは個性なのだと思えれば、その能力を伸ばすことに力を注げる。部下の短所を責めるより、能力を伸ばす方が上司にとってもやりがいのある仕事になるはずだ。鬼軍曹を気取るより、個性を伸ばすコーチ役を選ぶ方が、仕事のストレスもたまりにくいと思うのだ。

弘兼憲史の名言格言|部下を伸ばす上司とは


新しいアイデアというのは、新しい場所におかれた古いアイデアなんだ。

デイル・ドーテンの名言格言、新しいアイデアを生む方法


君は何をそんなに焦っているのか?一度くらい、下りのエレベーターに乗ってみるのもいいじゃないか。これも人間修行。それは理屈ではわかっている。いったい何がそんなにつらいのか。会社を辞めたら?土下座して相手の陣門に下ったら?

江坂彰の名言・格言|一度くらい下りのエレベーターに乗るのもいい


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ