柳井正の名言|顧客の創造が重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客の創造が重要です。お客さんが来て「これください」と言われてはじめてビジネスが成立するのです。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

社員というものは基本的に、自分たちのミスがなぜ起きているのか、それが経営にどう影響し、最終的にお客様にもどう迷惑をかけるのかが分からない。これは、ほかの業種や大企業でも同じです。だからこそ日常業務の改善の中に意識改革を盛り込むことが大事なのです。中国バスでは、燃料費が運転手教育だけで年間1500万円も圧縮できました。

努力の基本はセルフ・スターターです。指示待ちではなく、自分が主人公となるために、しなければならないことをでしょう。それから仕事で守備範囲に飛び込んできた球は、絶対に後ろにそらしてはいけません。つまり、与えられた期待に応えるためにすることが努力でしょう。これは伝統的な会社も、ITベンチャーでも、変わらないことだと思います。

僕がいくらダチョウを好きでも、それだけじゃ何も生まれない。社会のニーズだけ拾って動くのもやはりモチベーションとして弱い。「ダチョウを飼いたい、研究したい。そのためにはどうすれば。社会的な意義は」。そんないわば「こじつけ力」があったから、結果として、意義ある研究、商品ができた。

単一業態に特化すれば、思いも人も資金も集中できる。調達力が上がり、良質のものをより低価格で提供することが可能となる。最終的には単一業態が強い。

一番怖いのは機会損失。まずはやってみようという精神で、失敗してぶつかりながらも、そこから何かを学び取って着実に前に進んでいきたい。

重要なことは、アフターケアの体制を整えていくことと、成長市場を押さえること。

人とお会いするとき、私は何かしら自分の向上にプラスになるものを得たいと思って接しています。そして、話の中で印象深かったことをお礼状で触れるのです。相手も自分の話が役に立ったことを素直に喜んでくれるでしょう。

ページの先頭へ