柳井正の名言|顧客の創造が重要

このエントリーをはてなブックマークに追加

顧客の創造が重要です。お客さんが来て「これください」と言われてはじめてビジネスが成立するのです。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

地位が上がれば上がるほど、仕事とプライベートは切り離せなくなります。ストレスマネジメントは中間管理職ぐらいから意図的に心がけたい仕事のひとつです。

野球で実際にプレーするのは選手たちです。彼らが自ら動かなければ、いいプレーはできません。もっと選手たちの自主性を引き出さなければならない。

斜に構えた話ばかりをしていたら「狼少年」のように誰にも相手にされないというか耳を傾けてもらえなくなりますから、そこはやはり不利益を被るということもあって、最近はベタに回帰しているわけです。

シェアを守るために無意味な戦いを仕掛ける社員は叱ります。過剰な値引きや問屋への押し込みなどの泥仕合も厳禁。名目上の数字が作れたとしても、それが会社にとって幸せなのかというと、そうではありません。

日本企業のアイデアカが枯渇した最大の理由は、大量生産時代に功を奏したモノづくりの平準化によって、企業が尖ったものをつくるのを避けるようになったことです。

仮説を立てる段階では、数値化されたデータがあるかどうかに目を向けがちですが、「数値がなくても分析はできる」ことを覚えておきましょう。「南向きかどうか」は、「1(南向きである)」か「0(南向きではない)」の数字を当てればOK。こうした技を用いれば、分析の世界は飛躍的に広がります。

イオンの人間は基本的に変化が好きです。安定的な方がいいと思う人は少数派で、ずっと同じことが続く方が耐えられない。大多数はそういう資質の人間です。リスクを取って、チャレンジしたいなら、「やればいいじゃん」となる。これはもう企業体質ですよ。

ページの先頭へ