柳井正の名言|顧客の創造が重要

顧客の創造が重要です。お客さんが来て「これください」と言われてはじめてビジネスが成立するのです。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

「ホスピタリティ」とは、ひと言でいえば、「心のこもったおもてなし」のことです。言い換えれば、相手の立場に立って考える習慣のこと。この「ホスピタリティ」の大切さに気づけば、プライベートもうまくいくし、なにより仕事の世界でも一番になれる。

準備はしても、想定通りに話が進まないことはよくあります。そのとき気を付けているのは、水先案内人になろうとするがあまり、話の流れを断ち切ってしまわないこと。予想外の展開になっても、あわてず、柔軟に対応することを常に心掛けています。そのためにも、やはり綿密な下調べは必要。でないと、いざというときの対応ができない。

好況時は生活者のお金の使い道はあちこちに分散しますが、不況時は購買行動が慎重になって、いいものを選んで買おうという心理が高まります。ですから、生活者の目にかなう質の高い商品を厳選していけば、道は開けると信じています。

たとえたくさんの者を召使っていても、すべての事柄をそれらの人に申し付けるのが当り前だと考えないで、自分自身でまず万事をやってみて、十分に様子を知り抜いた上で、それから人にやらせてもよいものである、と考えなくてはならぬ。

美しくまとめたノートの価値ももちろんわかっていますが、私の場合は、「役に立てばいいじゃない」と思う部分はあります。最終的にきれいであろうとなかろうと使えなければ意味がない。

文化の異なる国の企業と交渉を行っていくのは難しいものです。かといって迎合するわけにもいきません。主張を明確にしながらも、譲歩できる点はどこかを考えてみる。言うべきことは言いながらも相手のプライドは最大限立てる。それが交渉の肝ではないでしょうか。

起業した時や株式上場した時など、これまで人生の節目、節目で訪れているのが、高知・桂浜にある坂本龍馬像です。日本の新たな歴史を切り拓いた龍馬の志に惹かれて高校生の時に龍馬像を訪れ、これまでに恐らく10回以上は行っていると思います。

いいところはいろんな人が指摘してくれますし、自分で見ようとしなくても見える。でも悪い部分は指摘してくれる人も少ないし、自分で見つめて修正するしかない。

インターネット界の「ニュートンの法則」はもう築き上げられたけど、この3年でそれが新しい法則の攻撃にさらされていると感じる。インターネットとともに育って、今あることはこの先もずっと続くと思っていた者にとっては、すごいことが起きてるんだ。オンライン上のふるまいが変化していることを示す、本質的な例がいくつか出てきている。

万事は争いと必然に従って生ずることを知らなければならない。

ページの先頭へ