柳井正の名言|会社はお客様のためにある

会社は自分の為にあるわけではありません。社員の為でもありません。お客様のためです。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

ゼンリンが地図を電子化し始めた当時、社内の反発は相当なものだったと聞いています。地図帳の販売はかなりの高収益で安定していましたから「なぜ、あえて電子化をするのか」と社員の多くは目的が理解できなかったのです。苦労はしましたが、電子化によって地図製作は格段に効率化しました。

仕事が遅い人は、自分でやったほうが速いという理由で、何でもかんでも自分でやろうとしているから遅いのです。これでは仕事が増える一方で、いつまで経っても仕事が速い人にはなれません。

貧しい農家で育っただけに、私は社員の誰よりも人の苦しみを知っています。一般の従業員がどれだけ解雇を心配しているかもよくわかります。だから、そんな恐ろしいことを私は絶対にしません。堀を埋められ城壁を壊されても、雇用だけは守り抜きます。当社にとって雇用は「天守閣」なのです。

人間には動物と違ってプライド、自尊心がある。自尊心を傷つけられると、相手の言うことが正しいとわかっていても反発するものです。「あなたの言うことは100%正しい。でも、あなたが言うから私は全力で反対する」ということはあり得る。そうならないためには、まず部下のプライドを守る話し方を心がけること。

新製品をともに作り出すという意識は、従業員やサプライヤー、流通業者といった利害関係者にも持ってもらうべきだ。

美味しさの基本は「食材」そのものなのです。いかに質の高い素材を使っているかで、商品の良し悪しの大方は決まります。私はいまでも高品質の食材を求めて全国各地を回っていますが、結局最高のものを追求する姿勢が、のれん=信用につながるのだと思います。

実はあまり数値目標は出していません。数値目標のために何かをやるのは、物事の順序が逆のような気がしますから。やることをやれば、結果はついてくる。むしろ、数字のために何かおかしなことをしないように注意しています。

私はテーマパーク型事業構造と言っているのですが、ディズニーランドのように、当社グループのブランドの元で様々な事業を展開していく。「安心・安全・健康」に関するものであれば全部やっていこうと思っています。柱は国内損保、海外損保、国内生命保険、そして介護・ヘルスケアの4つです。

トップアスリートたちが激しい練習に耐えることができるのは、「苦しくても、練習すればそれだけ力がつく」ということを体験的に知っているからです。

武器を生む思考を持つことが、武器を作る出発点。そして、その思考自体が自分の強い武器になる。「もう、無理だ」と諦めるのではなく「1年後には必ずこういう自分になる。そのためには、これだけの努力をして、必ず自分の武器を手にするんだ」という思考を持つことが絶対不可欠。

当社には業務改善などを含めて、全社員が自由に会社にアイデアを出す制度もあります。もう27年続いていて、ナンバーワンになる社員は、1年間で250から280の提案をしてきます。勤務日数で割ると1日1件以上です。多ければ良いとは限りませんが、ある程度は量を出さなければ、質もついてきません。

5月に600人以上の社員を集め、商品や仕事で「聞いて分かる、見て分かる、使って分かる」を追求しようと強調しました。

多くのご縁に恵まれたのも、日本刺繍で一本筋を通してきたからこそ。人間の関係は、ひとつの軸を起点に大勢の人と関わるのです。

ページの先頭へ