柳井正の名言|経営者の覚悟

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者の覚悟とは「会社が存続して成長していく為だったら何でもやる」という気概です。その先頭に立つ覚悟を持つべきです。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

我々は至誠を傾け、会社中心に行動する。冷静綿密にものごとを考察して軽挙を慎み偏見を排し、所信は堂々とこれを披瀝する。

我々の持っているエンジンを人々の生活に役立ちたい、喜んでもらいたいということで手がけています。いろいろなところでお客様とのつながりもあるということで、それも我々の強みだと思っています。
【覚え書き|発電機、除雪機、芝刈り機などの製品について】

社員に対しても、どんな仕事をするときも「何のためにやるか」と自らの意志を持って、自らの頭で考え、自ら行動することが大切だと日ごろから話しています。

みなさん、目が見えることは当たり前だと思われているでしょう。しかし、本当は有難いことなのです。

「読み始めたら全部読まねばならない」という思い込みは大きな間違い。そもそも、本はなんのために読むのでしょうか。買って手元に置いておくためではありませんね。知識・教養として、情報を役立たせるためです。そう思えば、「全部」を読むことにこだわる必要はありません。とくにビジネス書などは、ダラダラと読むよりはメリハリをつけて、どこが大切か、要点を探しながら読むべき。

私どもは地味な金融機関ではありますが、地域とともに歩み、新たな地域経済を創造していく、それが我々にとっての地方創生だと思っています。

「まだ満たされない医療上の様々な課題に応える革新的な医薬品を開発し、患者さんにお届けする」というアストラゼネカが掲げる患者さん第一主義。私はこの原則に忠実である限り、企業としての成長を継続できると考えています。

私は半年間、地道に週末の執筆活動を続けましたが、モチベーションを保てたのは、原稿を待つ編集者がいたから。

人間が本当にやりたいことに時間を使えるよう補助するのがAIの本質。

苦しいときほど楽観は意志に属す。困難に直面するいまの日本に求められているのも、リーダーの強い意志と明確な意思決定ではないだろうか。

ページの先頭へ