柳井正の名言|経営者の覚悟

経営者の覚悟とは「会社が存続して成長していく為だったら何でもやる」という気概です。その先頭に立つ覚悟を持つべきです。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

食品や流通は内需産業ですが、内需が非常に悪くなったアジア通貨危機(1997年)では、輸出産業である石油化学を持っていたので助かりました。逆に外需が悪くなったときも、内需がしっかりしていれば大きな損害を受けることはありません。外需と内需は割と反対に動くケースがありますので、その両方を抱えていると、グループ全体のポートフォリオのバランスが取れるんです。

重光昭夫の名言・格言|グループ内に内需型・外需型の事業を両方持つことのメリット


きっとフェイスブックに違和感を感じ始めている方って多いと思うんですが、やっぱりSNSの世界も、提供側がお金儲けをしようとしていることがユーザーに見えてしまうと、その瞬間に引いてしまう人が多いと思うのです。

森川亮の名言|提供側がお金儲けをしようとしていることがユーザーに見えてしまうと、その瞬間に引いてしまう人が多い


理想は、スタッフみんながゲーム作りを楽しんでいることです。すると、何も言わなくても、プログラマーやデザイナーが「こんなふうにしたら面白いと思ったので、作ってみましたけど、どうですかね?」と独自のアイデアを加えたものを出してくるようになります。そんな状況が作れれば、自ずと面白いゲームに仕上がっていきます。

森下一喜の名言|スタッフ全員が楽しんで仕事できる環境を


私はいつも、聞きたいと思ったことは単刀直入に質問します。ときには「そんな質問をされたのは君が初めてだよ」と驚かれることもありますが、相手だって自分に興味を持ってくれるのは嬉しいはずです。相手が驚くくらいの質問をする方が印象に残りますし、相手の心を開くきっかけにもなります。

森正文の名言|質問するときは、相手が驚くくらいの質問を単刀直入に


当社ではまた、風通しのよい組織づくりのための取り組みのひとつとして、創業以来「トピックスメール」を続けています。社員一人ひとりが「自分は職場で役に立っている」「必要とされている」という自己肯定感を高めることを目指した仕掛けで、社員やチームが受注に成功したり、大きなプロジェクトをまとめたりしたときに、そのトピックを先輩やマネージャーが部署内にメールで配信し、情報を共有して皆で褒め合うのです。

曽山哲人の名言|社員が皆で褒め合う仕組みを


おすすめ名言

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ