柳井正の名言|経営者の覚悟

このエントリーをはてなブックマークに追加

経営者の覚悟とは「会社が存続して成長していく為だったら何でもやる」という気概です。その先頭に立つ覚悟を持つべきです。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

一度来てもらうだけでなく、何度も来てもらい、「定年後にはここに住みたい」と思ってもらえるまちにする。大事なのは観光活性化ではなくまちづくり。そのためには地域の人たちが自発的に「住みたいまち」にしなくてはいけない。ユニークな列車を走らせても、イベントを開いても意味はありません。

話し方で損をするパターンはいくつかありますが、なかでも一番損をするのが、しゃべりすぎることです。相手の反応なんてお構いなしに、自分の言いたいことばかり話す人がいますが、会話はお互いのやり取りがあって成り立つものです。一方通行で話せば会話は壊れてしまいます。

アイデアの尖った部分を削るような会議は最悪。アイデアを出した人は周囲の意見は聞かなくていい。特徴がなくなって、本来の目的とは違うものになってしまうから。

結局「壁」を作り出しているのは人間の心。行く手を阻む風の大波を困難だと感じたり、恐れたりするのは人間です。波は波でしかない。大自然を前にすると、ジタバタしても始まらない。淡々と冷静に最善をつくすだけ。

国内だけで戦っていた時代はもう過去のこと。ワールドワイドの競争に打ち勝っていくには高い技術開発力が求められます。当社では世界のどこにもない最先端の特殊な製品も造るので、製造装置も自前で造ります。

シェアトップになることで、お客様から一番先に情報が入ってくるため、いち早く手を打つことができます。

書くとは、知識や情報を知恵に変える行為であり、文章は、それ自体が商品でなければならない。

ページの先頭へ