柳井正の名言|単純に商品が良いだけでは売れない

このエントリーをはてなブックマークに追加

単純に商品が良いだけでは売れません。我々が何を目指しているかを理解していただいて初めて商品が売れると考えています。


柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉


こんな名言はいかがですか? 新着 名言

正しいかどうかは別にして、抵抗勢力が改善に反対するのには、それなりの理由がある。現場が反対する理由を考慮せず、トップダウンで方針を押し付けてもうまくいかない。

使うのは若い人だ。若い人たちがそれでいいというのだから、いいじゃないか。
【覚え書き|「ウォークマンという名称は英語的におかしいのでは?」と質問した社員に対しての言葉】

仕事を楽しくやれば、お客様に対する顔も明るくなります。仕事への自信も出てきます。顔の引きつった営業マンからモノを買う人はいません。楽しそうに仕事をしている人からモノを買いたいのです。だから、楽しくやる余裕が必要です。

だるいは危険信号みたいなもの。無理な負荷をかけている時や本当は楽しくないことをしている時の反応なので、だるいに敏感になった方がいい。

自分が何をやるべきかをイメージできれば、仕事に対する誇りも生まれてきます。そうして問題点をクリアにしながら、「どうやったらできるか」という視点で、ゴールへの道筋を調整していく。「できた!」という充実感も、そこからきっと味わえるはずです。

日本経済は下降の一途をたどっています。企業も働く社員も、いわば下りのエスカレーターに乗っているようなもの。ぼんやりしていると、下へ下へと降りて行く。自分の足で階段を上らなければ、現状維持すらかないません。

小さな利害や枠にとらわれず自らの意志を信じ、粛々と生きることに徹すれば、おのずと心がほぐれる。そんな時にひらめくのではないでしょうか。

ページの先頭へ