柳井正の名言|目指すべき企業像

「その会社やその事業が無いと困る。世界にとってその会社が絶対必要だ」と思われる企業にしたい。

柳井正 の経歴

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

経営・ビジネス・仕事・お金・経済的に成功した人たちの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

私は「志」を2つの意味を与えて解釈しています。志は第一に、「心指し」で、心の指し示す方向を意味します。リーダーにとっての使命、理念、ビジョンをもとに人々を導くことです。もう一つ、志は「心差し」で、心の物差しを意味します。これは、リーダーにとって心に決めた倫理観を伴う思いで、「やると決めたことはやる!」「やってはいけないことはやらない!」という決意です。

ブランドの本質的な価値を大切にしながらも、時代の変化とお客様が求めるものの変化をいかにキャッチアップし、応じていくかが重要なテーマ。

「オレはできるんだ」「いや、もうダメかもしれない」という自信と不安のせめぎ合いというか、それこそアップダウンを繰り返すジェットコースターに乗っているようなもんでした。そこにスリルと楽しみを感じていられるうちはプロなんだと。いかに不安を自信が上回れるのか、毎日が自分との戦いでした。

繊細な人でも、あまりに効率を追い求めるタイプには問題ありの人もいます。緻密に計画をたて、できるだけ短い時間で大きな成果を得ようとする人は、過剰なプレッシャーから非常にストレスフルになります。このタイプは、仕事はできるのですが、自分の行動規範を他人にも押し付けてしまう傾向があります。組織の中でも、生真面目な性格の上司が決めた厳しいルールやタスクに、部下が参ってしまうこともあるでしょう。そうして、職場全体としては雰囲気が悪化してしまう。このタイプは、周りが付いてこられないことを、自分のストレスにしてしまいます。また、こうした人は、メタボリック症候群や循環器系の疾患のリスクも高いのです。

私は入社してすぐアメリカに留学し、いろいろな勉強をさせてもらいました。やはり若いうちに日本とは異質の文化に接して、違うものがあるのだと認識することが大事ですね。

難しい言葉や文章でいわれたら、読む気がしなくなります。子供たちは漫画だからと夢中になる。夢中で読みだしたら、どんどん本質に迫っていくのです。

私は人事が経営のもっとも大きなメッセージのひとつだと思っています。従業員に対しても、「会社は変わらなければならない」「グループで一丸となって問題に取り組んでいかなければならない」というメッセージもしっかり伝わったと思います。

ビジネスは判断の連続だから、判断軸がずれないように私の思考プロセスや着眼点を、普段からスタッフに言って聞かせています。それを理解していれば、こういうミーティングのときはこの資料が必要になるという予測ができるはずですから。

夢中になって情熱を傾けるからこそ新しいアイディアが生まれ、創造的・組織的なソリューションにつなげていける。

ワンフライトを終えると、必ず反省点がありますし、落ち込むこともありますが、次またやるぞという気分になっていけます。これがパイロットの魅力ですね。

ページの先頭へ