ロバート・アレンの名言・格言|お金に関するクレイジーの定義

私が考える『クレイジーの定義』とは『わずかなお金を得るために嫌いな仕事を50年も続けた揚句、貧乏なまま死ぬこと』。

ロバート・アレン の経歴

ロバート・アレン、米国、不動産投資家、コンサルタント、ビジネス作家。不動産や能力開発、ライセンシングビジネスのベストセラーを多数出版。主な著書に『ワンミニッツ・ミリオネア』『億万長者入門』『大富豪への道』『実践的オンラインマネー獲得法』『ナッシング・ダウン 成功への道・不動産投資』

こんな名言はいかがですか? 新着 名言

英語教材は、テキストと音源がセットになっているもので、適度な時間(1~5分)のスキット(寸劇)やセクションごとに内容が切られているものがいいですね。私の場合は、TOEICの模擬試験を使いました。試験勉強になるので、一石二鳥だと思ったからです。

あまりに技術革新しすぎて二歩三歩進んでしまったら、お客さまには受け入れられない。

まず手をつけたのは「不平等契約」の解消だ。シャープは長年、業績低迷が続いていたので、一部の取引先とはシャープにとって著しく不利な条件の契約をしていた。しかし今やシャープは売上高15兆円のホンハイ・グループの一員なのだから、不平等な契約は見直してもらわなくてはならない。1社ずつ私が行って、契約の改定をお願いしている。

私は6代目の社長になりますが、初代赤塚安次郎を筆頭に代々の経営者は、祖業に縛られることなく、様々な事業に挑んできました。

日本の正社員は年間約2000時間働いていますが、約1500時間しか働いていないユーロ圏よりも成長率が低い。長時間労働が価値を生む時代ではないからです。短い時間で成果を出し、浮いた時間で人生を楽しむ英国人を見て、その思いを強くしました。

私は25歳で起業したのですが、「自分は必ず成功することが決まっている」と思っていました(笑)。

海外の幹部社員の登用率を上げる、あるいはマネジメントチームを多様化していくという発想は、10年単位でイメージしないと出てきません。3年程度の計画だと、次の代でやればいいと先送りする可能性があるからです。今回の10年計画では、こうした課題を最初の3年間で解決してしまおうと考えています。

昔は「巨大ロボットが出てくるアニメ」を作るのは嫌だ!と思っていたわけですが、仕事だからしょうがない。こんなロボットでもいいのかな?という思いで作ったものが何本かあり、これじゃいけないという思いで何本か作った後、出てきたのがガンダムだったのです。

当社は90年代前半、業績が減速した時期がある。いま原因を振り返ってみると、ゆでガエルになっていたんだなと思う。80年代は競争はきつくなく、さほど品揃えの個性を打ち出さなくても、何となく業績を上げられた。しかしその間に想像以上に消費者の好みは高度化し、商品を選ぶ目は肥えていたのに、対応できていなかった。94年頃、やっと気がついて、「我々は何屋になるのか」を明確にした。当社が「ライフスタイル商品」と呼んでいる生鮮品と総菜の品揃えの魅力で来店してもらう食品スーパーを目指したのだ。その後、業績は堅調ではあるが、だからこそ「ゆでガエルになっていないか」と常に自分たちに問いかけている。

出張のコツは、「最初に、早朝と夜のアポイントを入れる」ことです。打ち合わせは10時~17時頃のいわゆる「コアタイム」にすべき、と思い込んでいる人が多いですが、その時間帯は誰もが本業で忙しいもの。聞いてみると、実はその前後のほうがいいという人は結構います。とくに経営者クラスは早朝から、逆に現場の方は夜の19時くらいからのほうが、時間が取りやすいという人は多いですね。そこでまず、こうした方々とのアポを固めたうえで、その間の予定を入れていくと、時間を有効に使えます。

ページの先頭へ